2018年04月13日

大坂なおみ、米国でなく「日本代表」で

大坂なおみ、米国でなく「日本代表」で東京五輪へ
4/12(木) 5:01配信 日刊スポーツ


 日本テニス協会は11日、21日開幕の国別対抗戦フェドカップワールドグループ2部入れ替え戦対英国(兵庫・ブルボンビーンズドーム)の日本代表を発表。大坂に加え、同100位の奈良くるみ(26)、ダブルス世界55位の加藤未唯(23)、同39位の二宮真琴(23)の4人を選出した。

 大坂は、日米の二重国籍だが、今回の選出で20年東京オリンピックには日本代表として出場する条件がほぼ整った。オリンピック憲章では、1度、1カ国を代表した選手は、3年が経過しないと他国の代表になれないとある。今回の代表選出で、原則、米国代表で東京オリンピックを戦うことはできなくなる。16年リオオリンピック前から、大坂は「日本代表として東京オリンピックでプレーしてメダルを取るのが夢」と話しており、また一歩近づいた。


ということで、まだ決定というわけじゃなくて、一歩近づいたってこと。
あとは、本人が日本を選択してくれるだけ。

どうぞ、日本人としてお願い!!!

2018.4.12
posted by 幕張のおじちゃん at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月12日

ベイタウンワインです

すっきりとした飲み口 ベイタウンワインです


あんまりお酒は得意じゃない・・・。
そんな女性や初心者に是非お勧めしたいワインです。
ライトで華やかな甘口が心地よく、あなたの特別な日に彩りを添えます。

〜爽やかな海風を感じながらベイタウンのテラス席で飲む至福の一杯〜

【 赤 】 軽やかでフルーティな味わい。優しい上品な香りに癒されます。軽く冷やしても美味しく召し上がれます。
前菜の生ハムや卵料理、和食のお刺身や焼き鳥などと合わせてみてはいかがでしょう。

【 白 】 すっきりとした甘味とフレッシュな風味が特徴。マイルドな口当たりは女性にお勧め。きりっと冷やして。
ブルーチーズやアンチョビ、相反する甘いデザートにも相性がピッタリ。

幕張ベイタウン商店街振興組合
お問合せ : 043-351-7551 パティスリー・タルブ(竹見)
写真・文章 : 小亀さおり (千葉シティ5Beachエンジェルス)

2018.4.11
posted by 幕張のおじちゃん at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

検見川そば

検見川そば


藤代さんに頂いてきたそば。
上は茹でる前。



茹で上がり、冷水でキチっと洗って盛り付けた後。

うん、いい出来栄え。

早速食べる。
めんつゆが切れていたので、五島うどんの中野さんに貰った「あごつゆ」を希釈して、そして小ネギをぱらっと。

旨い。
もちろん、つゆをつけないでも食べてみた。
風味もバツグン。
しなやかなコシ。

いいね!!



夕食は、そば1枚だけじゃ足りなかったので、鳥肉のモモ入りのうどん。

よし、これで胃袋も喜んでいる。(笑)

夜は、久々のブラックニッカとカキノタネ。
これが良くないんだな、きっと。
ランニングもまた二日サボっちゃったし。(苦笑)

ま、昨日も今日も風が強かったから、って自分に言い訳している。
明日は朝方、少しでも走りたい。



一瞬、これいいなあと思ったら、なんと4万円以上なんだな。
高い。

でもいざとなった時にかなり便利だとは思う。
運動不足解消にもなるし。

おっと、Amazonで、最安値は34,400円だ。
その値段だったらいいよね。
いや、まだ高いなあ1万円台だったらいいかもね。

ブログ版の「しばざ記」。
凄いアクセス。
「木更津 ナチュラルバル」というワードに反応している。

って、ことは同イベントが物凄い関心事項なんだろうね。

2018.4.11
posted by 幕張のおじちゃん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

もっと早く言ってよ!!

もっと早く言ってよ!!


「もっと早く言ってよ!」
松重さんのそんなCMがあったけれど、昨日の昼メシがそういう状況。

14時過ぎの遅い昼食。
牛丼とサラダを注文。490円。

サクっと食べ終え、さて帰ろうと思った時に何気なく壁に貼ってあるポスター見たら、「牛丼とサラダセット・味噌汁付き 500円」と書いてあった。
え〜っ!!!
なんだよ、なんだよ、ってことは、これに10円追加で味噌汁が付くってことになるじゃん!

思わず店員さんに「もっと早く言ってよ〜!」と、叫んでしまった。(笑)
更に、「今からでもセットにしてよ。」と言って、再び座る私。
若い店員さんは、一瞬きょとんとして、「今から味噌汁お持ちしてもいいんですか?」と...。

いいに決まってんじゃん!
なんで教えてくれないんだよ、と心の中で叫ぶ。
セコイか。

結局、10円で味噌汁を楽しめたと、そういうことなのだ。
しかし、ポスターに気づいて良かった。(笑)
危ないところだった。(笑)



そうは言っても牛丼は旨いね。
すき家のは久々。

2018.4.11
posted by 幕張のおじちゃん at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

春の嵐

春の嵐


4月11日 水曜日
曇りのち晴れ

午後から初夏の陽気になる。
しかし、強風が吹き荒れていて大変。

今日の営業はクルマで。



13時少し回った頃、検見川の藤代製麺さんへ。

今、ベイタウンの数店舗と同製麺さんのコラボ企画が進行中。



藤代製麺の社長さん。

色々お話し出来て嬉しかったです。
どうぞ今後ともよろしくです。

2018.4.11
posted by 幕張のおじちゃん at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

JR(電車・気動車)のおもなカタカナ記号

備忘録
JR(電車・気動車)のおもなカタカナ記号

モ:電車/モーターを搭載した車両(電動車)
ク:電車/運転台を設置した車両(制御車)
サ:電車/モーターを搭載せず運転台もない車両(付随車)
クモ:電車/モーターを搭載し運転台も設置した車両(制御電動車)

キ:気動車/エンジンを搭載した車両(内燃車または制御内燃車)
キク:気動車/エンジンを搭載してないが運転台を設置した車両(制御車)
キサ:気動車/エンジンを搭載せず運転台も設置していない車両(付随車)

ロ:グリーン車
ハ:普通車
ロネ:A寝台車
ハネ:B寝台車
シ:食堂車
ニ:荷物車
ル:配給車
ヤ:事業用車

2018.4.11
posted by 幕張のおじちゃん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月11日

夕暮れの幕張新都心

夕暮れの幕張新都心


夕刻、色々な案件で新都心界隈を営業。

まずは、「肌と歯のクリニック」さんへベイタウンぱれっとの件で。



続いて、WBGの某社さんへショートな打ち合せ。

とてもいいお話しが出来た。
Y田さん、有難うございます。



続いて、テクノガーデンのB社さんとC社さんへ。



明日は強風が吹き荒れる天気になりそう。

今日も風が強い。
晴れるのは有難いが風はなんとかしてほしい。



テクノガーデンから観降ろすベイタワープロジェクト。



続いて、イオン幕張さんへ向かう。



この夜景は久々。



打ち合せが終わって、まだまだやること盛りだくさんだが、一応夕食。

新しく出来たパスタ屋「ヴァリオ」さん。

ここ、からあげの「縁」と関係あるのだろうね。
カウンターは異なるけれど、同じスタッフさんがやってる。



ナポリタンを注文。
サイズは4種類から選べる。

下から2番目のラージは499円+税。
安い!!




アツアツ。
うん、味も悪くない。

パスタと言えば、サイゼリアの他の店では殆ど食べたことないので、こういう店が出来るのは嬉しい。多用したいな。
だが、それに見合った野菜を食べないとね。



夜、腹減ったので、タジマで買ったカツサンド。



もちろんビールも。
これ、なかなか旨い。

2018.4.10
posted by 幕張のおじちゃん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新緑のベイタウン

新緑のベイタウン


4月10日 火曜日
やっと風もやんで晴れた。
このところ風の強い日が多かったので、ちょっと落ち着ける。

でも明日もまた凄い風らしい。

昼ごろ出かける。
ご覧のようにバレンタイン通りは新緑。



オン・ザ・ゴーのこの紅い花もいいね。
毎年この時期のアクセント。



桜通り。



近づく。
眩しいばかりの新緑。

それにしてもクルマ、多いなあ。
一時的だったらいいけれど、常駐しているものが殆ど。

完全に車庫代わりに使っているのだ。

なんだかなあ。



反対側から。



歩道。



15番街の北側のイチョウ並木。

こういうの見てると、季節の移ろいの早さに驚くばかりなり。



朝食兼昼食の肉丼。
肉丼というか、適当なので、ネーミングはどうでもいいか。

玉子はタジマで買ったものだけど、黄身の粘度が高くて、しかも濃厚な味で、旨かった。

2018.4.10
posted by 幕張のおじちゃん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

木更津 ナチュラルバル

木更津 ナチュラルバル


2018年04月15日(日)
11:00−17:00
会場/スパークルシティ木更津・北側イベントスペース
(木更津市富士見1-2-1)


本当の「おいしい!」をカラダで感じるとことんこだわった食材が集結!
子ども〜大人まで楽しめる空間で、ナチュラルな食材をお楽しみください!

さらに、木更津ナチュラルバル2018では
新定番「チャレンジプレート」が登場!
複数のお店の味がちょっとずつ食べられるお得な月替わりのセットメニューが、
なんとワンコイン500円で食べられます!お越しの際はぜひお楽しみください!

あたらしい出逢いで元気になる日。
今日は「ナチュバ」へ行こう!

*環境への負担を減らす取り組みとして、できる限り「マイ箸」「マイ皿」「マイコップ」をご持参ください。会場内にはゴミ箱の設置はありません。会場内で出たゴミは来場者みずから持ち帰るか、購入したお店へお返しください。ご協力お願いいたします。

2018.4.10
posted by 幕張のおじちゃん at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月10日

本当かなあ?

本当かなあ?

 膠着(こうちゃく)状態が続いていた騒動に、ようやく着地点が見え始めた。森社長は文書で「私の経営方針がたけしさんの理解を得られぬまま、そこから生じた不信感の数々によって独立された。たけしさんに謝罪すると同時に、得た教訓をバネとして予想される諸問題に向き合っていきたい」とし、関係者や所属タレントに対しても謝罪の意を示した。

 さらに森社長は自らの報酬について「既にカットしています。まずやるべきこと。従業員の給与体系の見直しをするのに自分の利益を守ることなんてできないです」と明言。新体制における最大の課題は、たけしの離脱による収益減だが、まずは自身の報酬の大幅カットを明らかにした。

問題のオフィス北野のどうでもいいような内輪の問題が噴出して芸能ニュースをにぎわしている。まあ、ほんと、どうでもいいことなんだけど、軍団がとか、森社長がとか、そういうやつじゃなくて、なんか違うことが原因な気がするんだよね。

なんか一連の報道みてると、まず大前提で、たけしはいい人、正義の人、それで、一番お金稼いでるし、たけしが言えば間違いないみたいのがある。

そもそもそこが気持ち悪い。

たけしが事務所を出て、独立したというのも、なんかウソっぽい理由。
インチキの香りがプンプンする。


 森社長は、軍団の番頭格であるガダルカナル・タカ(61)との話し合いを重ね、新体制構築に向けた協議を始めることで合意した。コメント発表の同時刻にフジテレビ系「バイキング」に生出演していたタカは「森さんの経営上のミスで、たけしさんが独立せざるを得なかった状況をきちんと伝えてほしいというのが軍団の意思。我々が望む方向で森さんが受け入れてくれたのであればのみましょう」と明かした。今後、他のメンバーも含めて森社長と直接会談するという。

まあ、軍団も森社長もそれしか選択肢が無いので、結局そうなったけれど、たけしがそう仕向けてるんでしょ?

絶対にそうだと思う。

と、思ったら、ワタシが考えているようなことと同じ記事がネットに出ていた。

軍団と森社長の手打ちでたけしは逃げ切れるか?
実娘や夫人がたけしと愛人を告発の動きも

たけし軍団とオフィス北野の森昌行社長の間で手打ちが成立したようだ。5日、ガダルカナル・タカが森社長に「声明文は森社長と対立することが目的ではない。騒動のエスカレートは望んではいない」などと電話したところ、森社長もきょう、事務所の新体制構築に向けて、話し合いに応じることを表明した。

 森社長をあれだけ"裏切り者"よばわりして告発しておきながら何を今さら、という感じもするが、しかし、一方で、たけし軍団がこのタイミングで手打ちをしたがったというのもわからなくはない。

 前回の記事でも指摘したが、そもそも、森社長を告発するあの声明文は軍団が自発的に書いたものでなく、たけしに書かされたものだった。

 周知のように、愛人に狂ったたけしは彼女に自分の稼ぎや財産を渡すために独立。ところが、そのことを「週刊新潮」(新潮社)などに暴露され、「洗脳状態」などと書かれたため、それを打ち消そうと、軍団を使って"独立は森社長の裏切りへの不満だった"というストーリーを流させたのだ。

 軍団の声明文が大きな話題になった直後、軍団メンバーと親しい芸能関係者が、本サイトの取材にこう語っていた。

「メンバーから直接、聞いたんですが、あの声明文の中身は、たけしさんにメモを手渡されて、それにもとづいて書いたみたいですよ。軍団のなかには、もともと、後からやってきて事務所の幹部におさまった森社長に対して反感があったようですが、あそこまでの憎悪感情はなかった。株のことなんかもまったく知らなかったらしいです。でも、たけしさんに森社長をこらしめろといわれて、断れなかったらしい。このまま、軍団が森社長と対立関係になって、行き場をなくしてしまったら、本当にかわいそうです」

 実際、軍団は一時、本当に行き場をなくしかけていた。まず、軍団はたけしの新事務所「T.Nゴン」には絶対に入れない。というか、そもそも軍団がオフィス北野に残ることになったのは、たけしに新事務所に連れて行ってもらえなかったからだ。たけしは、一昨日の『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS)で「軍団が出てしまったら会社が潰れちゃうかから残した」「(オフィス北野が正常になったらたけしの新事務所に合流すると)約束している」などと語っていたが、これは自分のイメージダウンを避けるために適当なでまかせを口にしたにすぎない。実際は、長年たけしを支え、「フライデー」事件では刑事犯罪に問われる行動までともにした軍団は、愛人のツルの一声であっさりと捨てられてしまっていた。

 そういう意味では、軍団には最初から、森社長とうまくやっていくしか選択肢はなかったのだが、自分の金を一銭も払いたくないたけしに「森の株を分け与える」とそそのかされた彼らは、森社長を追い出し、自分たちがオフィス北野の経営権を握れると錯覚。森社長を「裏切り者」よばわりする声明文まで書いたことで、森社長から怒りの反撃を受けてしまう。「週刊新潮」では森社長から「もういっしょにはやっていけない」という宣告を受け、法的手段までちらつかされてしまった。

 おそらく、軍団はこれを読んで、自分たちの置かれている状況をはじめて悟ったはずだ。おそらくほとんどのメンバーが手打ちを望んだのではないだろうか。

 だが、森社長との手打ちを望んだのは、たけしも同様だった。それどころか、この手打ちは、たけしが軍団に命じたと言う話もある。

 たしかに「週刊新潮」に載った森社長の反論は、たけしにも十分な恐怖を与えたはずだ。前回の記事でも指摘したように、たけしには、右翼団体との仲裁のかわりに、東通をオフィス北野の大株主にしたり、暴力団の関係者との交友など、やばい話が山ほどある。以前の支配関係の延長線上で、森社長は何をやっても逆らってこないとタカをくくっていたが、森社長をこれ以上追いつめたら、こうしたネタを暴露されて、もっと決定的なダメージを受けるかもしれない。たけしはそんな危機感を抱いて、慌てて手打ちを後押しし始めたのではないか。

 もちろん、この手打ちは森社長にとっても歓迎すべき話だった。前述したように森社長にはたけしに対する逆襲のネタはいくらでもあるが、そうした行動に出るためにはすべてをなくす覚悟が必要になる。森社長にしても、せっかくテレビ制作会社の一社員から芸能プロダクションの代表取締役にまでなったのに、そんなメリットのないことはしたくなかっただろう。

 しかし、騒動を振り返ると、改めて呆れるのがたけしの小狡さだ。たけしは前述した『新・情報7days』で冒頭、この騒動について「こじれちゃって、今度軍団と社長との喧嘩になっちゃって。俺、全然部外者になっちゃって」と語っていたが、よく言うよ、である。自分の愛人問題を隠すために軍団を使って「軍団VS森社長」に話をすりかえたのは、たけし自身ではないか。しかも、軍団と森社長がボロボロになる一方で、この作戦はまんまと成功して、テレビではたけしの愛人問題に触れることは完全にタブーになってしまった。

 たけしの映画『アウトレイジ』シリーズでは、暴力団組長らが「親分子分」の関係をたてに、末端の組員をいいように利用した挙句、ボロ雑巾のように捨ててしまうエピソードがしばしば出てくるが、今回のたけしの姿は『アウトレイジ』のグロテスクな暴力団組長そのものといっていいだろう。

 ただし、たけしがこれで逃げ切れるとはかぎらない。実は、ここにきて、たけしの実娘で元タレントの北野井子が週刊誌の取材に応じ、たけしとその愛人を告発したという情報が流れているのだ。ほかにも怒り心頭の幹子夫人にも同様の動きが噂されているし、長男もツイッターで〈どんどんダサくなってく人を見るのはきつい〉とたけしのことを示唆するような意味深な投稿をしている。これからたけしには、家族からの告発ラッシュ、家族と愛人の骨肉の争いが待ち受けている可能性もあるのだ。

 いずれにしても、たけしがまだまだこれから、晩節を汚し続けることだけは間違いないだろう。
(田部祥太)

凄く納得する。
この記事は推測もかなり入っているけれど、そう考えたほうが自然。

晩節を汚すという言葉はまさにぴったり。
もう金なんて要らないんじゃない?

トシ喰ってなまじ金持ちだと人一倍守りに入っちゃうのかねえ。

たけしは凄い人だと思う気持ちはまったく揺るがないが、真相を正直に言って謝罪してほしいよ。例え名誉とか収入が大幅に傷ついてもさあ。

2018.4.9
posted by 幕張のおじちゃん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記