2020年04月16日

飯香岡八幡

飯香岡八幡


木更津へ向かう途中、八幡宿の飯香岡八幡宮へ寄る。
まず目に飛び込んだのは昨年秋の大型台風による境内の倒木を処理した後。
そうなのだ。
まだ半年前の傷跡も癒されてないうちにこのコロナの猛襲。

どうそ明るい未来が訪れることを...。



本殿。
おそらくここ一年、ここに立つのは今日が初めて。

素晴らしい神社だな。

皮肉なことに以前来たときよりも台風による倒木の為か、明るくなってひと際鮮やかに見える。
更に、周囲も明るくなって今まで気づかなかった夫婦銀杏の存在を知ることにもなる。



これが夫婦銀杏。
天然記念物であり、御神木である。



それにしても立派な銀杏の木だ。

jこの銀杏についての説明書きの看板が立っているが、色褪せていて読むのも面倒なので、また今度。



続いて、銀杏の木よりもやや南側に浅間神社があった。



鳥居の左手後方には立派な富士塚もある。





これが富士塚。

全体をおそらくホンモノの富士の溶岩が覆っている。
素晴らしい山容。

せっかくなので、これから富士登山を開始。



ちゃんと何合目という表示もある。



ちゃんと砂走りの表示もある。



ここが山頂。
小さい祠と小さな鳥居。

ここからは境内がほぼ全域を見渡せるが、写真撮り忘れた。

それにしても誰もいない。



下山後、北側から眺める。

さて、ふといいアイディアが浮かぶ。
せっかく八幡宿にいるから、そうだ、元祖いか焼き屋に寄ろう。
あるいは、しょうちゃん餃子かな。

焼き鳥もある。

そうだ、大将亭のから揚げもあるね。

八幡宿は地元系のファストフードの店が色々あって楽しいのだ。

駅方向へと移動する。



この店(もじょい)、すっかり忘れてた。
行こう、行こうと思ってたのになあ。

そうだな、八幡宿の駅前に立ったのって5年ぶりくらいかな。



駅の中を横断中。

これは、パチさんに教えてあげたい。



八幡宿駅の改札。



東口のセンドウ。

イカ焼屋などは、この建物の右のほうにある。



おお。
完璧。

どの店も営業中。

このどの店も好きなんだよね、私。(笑)

さて、どれにしようかなあ。
でも、いか焼き屋で食べることに決めていたからな。

よし初志一貫でいか焼きにしよう。

ただ、いか焼きにも色々種類がある。
えーと...。
ちょいと悩む。

よっしゃ、肉玉デラックスにする。
これは野菜、肉、やきそばが入っているのだ。

税込みで250円。
店頭で食べるものと母にお土産として持ち帰る分の2つを注文。



出来たのがこれ。

ちょっと分かり難いとは思うが焼きそばが入っているだけに分厚くて、ボリューム感たっぷり。
そしてソースとマヨネーズがたまらんん。

これで250円とはCPめちゃ高い。

食べごたえあり。
満腹になってしまった。

余裕があれば、お隣のしょうちゃん餃子も夕食用に買ってゆこうと思ったけれど、やめた。
また次の機会にしよう。



このいか焼き屋さん、人気YOUTUBERとコラボしていて、こんな新しいメニューが出来た。

面白い。

口臭くなる棒というのはニンニクがたっぷり入っているうまか棒だって。

いいね!!

さてと、今度こそ木更津に向かう。
ああ、楽しかった。
八幡宿最高っ!

だが、自粛要請だか、それとも本来なのか分からないが人が歩いていない。
クルマも少ない。



旧道。
姉ヶ崎方面。

前述の通り、歩く人がいない。
クルマも少ない。

えーと、今日は日曜日だよね。
ま、八幡宿の日曜日ってこんなものか。

旧道を南下すると、いい感じの店が現れた。



おおおおおお。
これは私の好みの店だわ。

待てよ。

なんと全品500円の文字がっ!!!

うわーーーーっ!!!
しかも、朝食は300円だって。

いったいどうなってんだぁっ!!!



いやはや。
これは本当に凄い。

感動したよ。

今は腹いっぱいだから次回寄ることにしよう。
カレイ煮魚定食が食べたい。

大衆食堂じょんがら =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120601/12038362/

2020.4.12
posted by 幕張のおじちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187409278

この記事へのトラックバック