2019年04月17日

朝から最悪 アスファルトの地面と思い切りキス

朝から最悪 アスファルトの地面と思い切りキス


最近、また足の痛みがぶり返していて、ちょっとしたことで、足の踏ん張りが効かないからすっころびそうになる。今朝もそういうシーンが2度あった。でも大丈夫。いや、そう思ったらは、見事にスっ転んだ。そして顔面、クチビルを強打。びっくりしたのは、歯が落ちたことだ。ぎゃーっ。歯が折れた。そしてクチビルがら大量の出血。うわ。切れた。自分でもびっくり。

でもでも、体裁を整えるのに必死。

そうそう。かばい手をしたつもりの左手の平もズルむけ。そして出血。更に右膝も強打。
もうタマランチ会長。

出勤途上なので、申し訳ないけれど、労災扱いにして頂く。
ああ、会社に入っていて良かった。

それにしてもすげえ痛い。

同僚にマスクを借りて、9時までルーティンの仕事。
それから病院へ。



海浜病院へ患者としては初めて行った。
凄い待つかと思ったら、出血があるので、緊急性を重視してくれて割合早く診て頂く。
でもレントゲンを何ヶ所か撮ったり、待ったりと、結構時間がかかってしまった。



しょうがないので昼食を適当に。
ただ、前歯が1本足りないのと、クチビルが思い切り腫れてオバQみたくなっているので、まともに食べられない。

午後からは歯医者にも行かねば。
とりあえず前歯をなんとかしないと。

磯辺の例の桜。
もう殆ど葉っぱ。

こんな写真を撮っている場合じゃないんだけどね。



皮肉にもいい天気。

こんな日にこんな状態で痛みをこらえながら動きまわっているのが悲しい。

だけど、まあこんなことで悲しがっていてはダメだ。
先ほどの海浜病院の待合室で、がんを患っている70代くらいの品の良いお婆ちゃんと、娘さんと思われる会話を聴いてしまった。
心配する娘さんにそのお婆ちゃんはにこにこ笑いながら、「うん、本当に元気なのよ。不思議なくらい。でも今日も抗がん剤打ったけれど、やはり抗がん剤だけキツイわね。」と。

うーむ。なんか娘さんを心配させないようになのか、本当に大したことないのか、でも、大変なんだなと思った。

そろそろ父ががんで他界してからそろそろ二十年。



バレンタイン通りの緑も日々色濃くなってゆく。

さて、歯医者は仕事が終わってから行った。
15時ちょい前。

こんなことで歯医者には来たくなかった。
でもしょうがない。

レントゲンを撮る。

うーむ。
やられた。

超ショック。
前歯の根本の全てにヒビが入っているということ。

普通の骨折だったら治るけれど、歯のヒビは治らないそうで、抜歯ということになるかもしれないということだ。

うーむ。

とりあえず折れた歯は応急処置。

それよりもオバQのようになった腫れたクチビルがたまらん。

衛生士さんというのかな、クールビューティな感じ。しかし、なんか怒ったような雰囲気がある。喋ることに通常の40パーセントくらいのエネルギーというか、テンションで、まったくやる気がまったく感じられなく、しかも、症状の件で私と会話している時も私の説明を聴きながらいちいちため息をついて、面倒臭そうにしているんっすよ。「おっさん、もっと早く喋れよ。」とでも言いたそう。
ま、こういうタイプって嫌いじゃないので、困ったもんです。



おっと。
今日は私が担当するイベントの初日。

これは「とぎ屋のケンちゃん」の包丁研ぎの実演。
病院行ったりしていて、きちんとお世話出来なかった。

すみません。

また来月、よろしくお願いいたします。



17時30分過ぎ。
歯医者から戻り、とぎ屋のケンちゃんと色々話をして、帰宅する前にちょこっとまたミニストップへ寄った。

相変わらず腫れたクチビルが痛い。
熱いコーヒーも飲みにくい。

膝も痛い。
困ったもんだ。



超低速で、帰宅の途。

今日は木更津へは行けないや。
明日早朝に行こう。

夕食は面倒だし、食欲無いし...。
と、思ったら、19時過ぎにカップ麺が異常に食べたくなった。

なので、先日のサッポロ一番塩ラーメンのカップに続いて、今度は味噌。



この見慣れた図柄。(笑)

藤岡琢也を思い出す。



塩ラーメンに負けず劣らず、旨い。

2019..4.15
posted by 幕張のおじちゃん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185875783

この記事へのトラックバック