2019年03月13日

マイ介護カーで 木更津から千葉までのデッドヒート

マイ介護カーで
木更津から千葉までのデッドヒート


昨夜遅く、木更津から幕張まで早く戻りたいので、ちょいと飛ばした。
そうしたら、妙に私を意識したクルマあり。
2.5リッターくらいの2Boxタイプ。
トヨタの3列シートのクルマだ。

少し渋滞しているところ、いわゆるダンゴ状態になっているところを私が左右にステップを踏むように走り抜けると、私の後ろにぴったりとくっついてくる。

そして前方に他のクルマがいなくなったところを見計らって、私を抜き去り、ぎゅいーんと次のダンゴまでぶっ飛ばす。私はそうだな、そんなに無茶じゃないスピードで次のダンゴの右車線の最後尾に追いつく。

彼のクルマは左車線の最後尾にいる。まるで私のポジションを「リザーブしておいたよ。」とでも言いたいような、そんな感じ。

で、私がまたそのダンゴをすり抜けると、一緒にくっついてきて、そしてまたぎゅいーんとかっ飛んで次のダンゴの左の最後尾に着く。そんな繰り返しを3、4回やったかな。彼がどういう意図で私に絡んでくるのかはわからんが、しかし、なんか面白いな。

話題のあおり運転っぽいが、そうでもないな。
単に私の運転に興味を示している感じだ。
なんか同じ感覚を持っているのを見抜いたかな。

幸いなことに私はあおり運転に絡まれたことが無い。
それっぽい奴がたまにいるけれど、うまくかわす自信もある。

さて、その後、どうなったかと言うと、ちょっとした事件が起こった。

何回目かのダンゴを抜けたところが、千葉の例の地下トンネルのところだった。例によって彼はぎゅいーんと前方のダンゴを目指しているのだが、左車線の中途半端なところに、とろとろ走っているクルマがいた。

ふっふっふ。私はちょっと遊び心で、アクセルを思い切り踏んで彼が右に車線変更できないように間合いを詰める。いや、まだ距離的には100mくらいあったかな。

更にスピードを上げる。

その時だった、私の動きに気づいた彼は、相対スピードを私のクルマと同等にするかのごとくアクセルを踏み込み加速し、前のクルマに追突するぎりぎりのところで私のクルマの前に車線変更してきた。私も実はギリギリで彼が車線変更してくることを見越して、彼のクルマに追いつく寸前で少しだけ減速していた。

まあ展開は読んでいたけれど、車線変更があまりにも突飛なので、さすがにブレーキを踏んだ。

ところがだ。私を抜いた彼のクルマは突然減速した。必要以上にだ。そしてとろとろ走る。
おいおい。

今度は私が彼のクルマを挑発するような感じになった。
なにやってんだよ。

その理由はすぐに分かった。
彼が追い越したクルマ、私も一緒に追い越したクルマは、なんと覆面パトカーだった。そしてそのクルマは今、赤色灯を点滅させながら私のクルマと並走している。

なんとまあ。

彼のクルマは左にウインカーを出し、そしてその覆面パトカーの前にゆっくり入る。

うーむ。

私は何事も無かったように、右車線をぐいーんと、もちろん法定スピードで抜き去った。

くわばら、くわばら。

もし彼が私の前に車線変更してなかったら、かなりのスピードで覆面パトカーと彼を一瞬のうちに抜き去って、「おさきに〜〜〜!!」とやっていたわけで、もちろんスピード違反で確実に捕まっていた。

なんだか彼は私の身代わりで捕まってしまったようだな。
おかげで高額な罰金を免れた。(笑)
申し訳ない。(笑)

2019.3.12
posted by 幕張のおじちゃん at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185705867

この記事へのトラックバック