2018年12月23日

つるかめ農園さんとの打ち合わせ

つるかめ農園さんとの打ち合わせ


12月20日 木曜日
いい天気。
暖かい。

早朝の仕事を終え、幕張へ。
表題のように、いすみ市の「つるかめ農園」の鶴渕社長がわざわざお越しくださり、打ち合せ。

双方のアイディアをぶつけあって、面白いイベントを開催しようということになった。
有難い。

社長とは何時間でも話してしても尽きないものを感じた。
若くてイケメンでエネルギーを感じる。

因みに社長を紹介してくれたのは、N嶋さん。
有難う!!

早急に企画をまとめるつもり。

つるかめ農園 net =
http://farm-share-life.net/




昼食は鳥一に。
いきなり10個のカラアゲ。

ごはんは普通盛りにする。



見た目はごっついけれど、案外イケるな。

それともまた胃拡張気味なのかな。

最近また食欲が旺盛になってきた。
困るのことよ。(笑)



ちょっとうとうとしていたらあっと言う間に暗くなってきた。



赤いきつねの焼きうどん食べてから木更津へ。



うーむ。
味は想像通り。

赤いきつねにお湯を注いで、麺をふやかしてから、お湯を捨てて、そして粉末の汁の元をふりかけよく混ぜたような感じかな。

まずくはないけれど、考えてしまう味だ。(苦笑)



検見川浜駅で電車の到着を待つ。

19時44分。
ああ、ちょっと遅すぎだな。



蘇我駅でちょっとロスタイム。



20時50分に木更津駅に到着。



たまには安達さんのお顔を見に行こう。

西口方面に降りる。



みらいラボ。

営業時間も終わりのほうなのだが、結構たくさんの人、特に学生さんがいた。
唯一人のいない方角にカメラのアングルを持ってゆく。

木高の制服を着た女の子が可愛い。
あ、そんなのどうでもいいか。

安達さんにコーヒーをご馳走してもらった。

有難うございます。




これ、安達さんのアイディア。
そして安達さんの手づくり。

木更津っぽくていいよね。

なんと丸亀製麺からあさりを貰ってきたんだって。
素晴らしいね。



西口の矢那川経由での(実家への)帰宅。
昼間のカラアゲが効いているのか、それとも、電車に乗る前に食べた赤いきつねの焼うどんが効いているのか、まったく腹が減っていない。

21時20分頃 実家に着。
母はちょうど床に入ったところだそうだ。



私、ひとりしんみりとこのチューハイを飲む。

二階の部屋は古いファンヒーターを使っている。
点火が上手く行かないが、ちょっとしたコツが要る。
ヘタにやると、一酸化中毒で死んでしまいそうな感じの嫌な臭いの煙が出る。

2018.12.20
posted by 幕張のおじちゃん at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185248479

この記事へのトラックバック