2018年11月28日

まんがみたいなてんこ盛り

まんがみたいなてんこ盛り


遅めの昼食はホルモン道場で。
この店は二、三度入ったことがあるが、ちゃんと記録してないし、記憶もあまり無い。
たぶん稲毛からの帰りで、二次会、三次会で利用という感じだったかな。

ただ、昼間の利用は初めて。
ラーメンなどのメニューがあって、いっぺん入ってみたかった。

但し、今日は麺類のメニューは終わってしまったようだ。



中はそこそこお客さんが入っていたみたいな雰囲気。
そして人出不足なのか、食べ終わった食器類が結構あちこちに残っていた。

そして14時近くなのに、まだお客さんがパラリ、パラリと入ってこられる。
私もその一人。

つまり、繁盛してるってことだ。
土曜日だしね。



私の座った目の前にこの猫たち。(笑)

さてと、定食メニューは色々あったが、「選べるフライともつ煮定食」にした。
えーと、お値段は、あららいくらだったかな。
700円くらいかな。

ということで、領収書を調べたら745円(税込み)だった。
つまり、690円という設定。
まあまあのお値段。

注文するときに店員さんが「ごはんは大、中、小でお値段一緒ですが、如何致しましょうか。」と訊いてきたので、「あ、じゃあ大で。」と言った。そこそこ腹ペコだったのだ。

まあ定食の大盛りってそんなに凄くない筈なので...。

ところがだ、運ばれてきたトレーに載ったごはんの量を観て唖然。
な、な、な、なんなんだ!!!!



ご覧のようにごはんが、てんこ盛り。
凄すぎる。

お茶碗3〜4杯分くらいあるのではないか。
まるで、漫画だ。

そう、「まんが日本昔ものがたり」みたいなビジュアルになってるよ。
凄すぎる。



とにかくこれ。
食べられるのだろうか。

この時点でかなり驚愕を通り越して涙目になっている。



フライは何種類かのうちの2点をチョイスできる。
アジフライとメンチにした。



一見すると辛そうだけど、実はそうでもない。
赤みそをつかったもつ煮。

旨い。
ボリュームもある。

さて、ごはんについては、おかずが無くならないようにペース配分しながら、涙目になりながらなんとか食べた。完全に胃拡張。

時々凄く食べ過ぎだということはあるが、こんなに凄い量を食べたのは本当に久々。
いやぁ、まいった。

ただ、救いは、ごはんがマトモ。
美味しかったよ。

もう行かないけれど、〇くら水産のご飯はべちゃべちゃだった。
そんなのとは比較しちゃいけないね。

とにかく腹いっぱい。
こりゃ夜まで何も食べられないな。

うーむ、稲毛の夜灯(よとぼし)に行けねばならないのになあ。
何も食べられないんじゃつまらない。



店を出て、この近くで軽く打ち合せ。

久々にパートさん以外のお仕事。
まあ、お仕事というような規模じゃない。

ちょいとイベントの企画のお手伝い。



駅前の銅像。

これ、以前からちょいと気になっていた。
裸体の女性像が多い中、こういうのは却っていいよね。

と思うのだ。



ケーナを吹く異国の人。

大宮に通っている時代、よく大宮駅の西口でやっていた。
結構投げ銭に札が多かったように思う。



マリンピアの横のイチョウ。
この時、ふとブラック・フライデーというセールをやっていることを思い出した。

ちょっと買っちゃおうと思ってイオン・マリンピア店に入る。
紳士服売り場をチェック。
それほど混雑してたわけじゃないがいい雰囲気でお客さんが"買うモード"になってるよ。(笑)
確かに安いものは安い。
ちゅーか、あんまり洋服売り場って縁が無いので、本当に安いかどうか分からん。

シャツとか、フリースだとか、気がつけば使わなくてもいい1万円以上の散財をしていた。

まいったなあ。
普段爪に火を灯すような暮らししているのにな。(泣)



マリンピアの入口の花を観て、お金の使い方について反省する私。

それにしても綺麗。
WX350のWBは本当に素晴らしい。



幕張方面への帰り道。
このお父さん、ストライダーも前カゴに積んでいる。
機関車のある公園からの帰りなんだろうか。



花見川緑地へ寄った。

晩秋の感じ。



マンションの中庭の山茶花。

WX350の登場でやっと山茶花がマトモに撮れた。
もちろんRX100でもちゃんと撮れる。

KE-50のダメさかげんは本当に異常。
どうなってんだ!!!



あの偉大な音楽家のご両親が企画されたコンサートです。
今度の土曜日、12月1日 入場無料。
是非お出かけください。

2018.11.24
posted by 幕張のおじちゃん at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185084397

この記事へのトラックバック