2018年11月20日

晴晴飯店 検見川浜店

晴晴飯店 検見川浜店


11月18日 日曜日
今日の仕事は検見川浜。

天気はまあ晴れているかな。
朝の気温はちょい低目。

今日は思うところあって、私の心理状態を描写するのはやめておく。
そうなると、今日一日、何を思って行動していたのかを後で思い出せなくなるが、まあしょうがない。マジメに黙々と仕事に徹しよう。





昼食はここ。
以前からちょっと注目していた店。

「晴晴飯店」という。
呼び方は「せいせいはんてん」というようだ。

落ち着いた雰囲気。
気になっていたという表現は、訂正。
実は、すっかり店の存在を忘れていた。
すみません。

さて、定食メニューの中から一番安いレバニラ炒めをチョイス。
680円+税だ。

まあ、一般的なお値段だが、日高屋さんなどよりもちょい高め。



店の雰囲気はこんな感じ。

結構広い。

でもこの12時40分頃の時間帯はお客さん全部で6人くらい。
少し遅れて10人くらいの団体さんが来られた。

いずれにしても余裕たっぷり。

ところで、これらの写真はまたWX350で撮っているが、RX100もそうだけど、ややアンダーに写る傾向がある。少しだけ補正しているものの、まあこれはこれで良しとしよう。



思ったよりも早く登場のレバニラ炒め定食。
待つこと7分くらいだったかな。

レイアウトが斬新。
中央の角皿が正方形なので、それをうまく置くことで、無駄なスペースが発生しない。
アイディアだなあ。



ビジュアルも味もなかなか。
モヤシのシャキシャキ感も程よい。

勤務は18時まで。
研修なので、覚えることが満載。
ううう、改めてアタマの悪さを痛感。

退勤後は昨日に続いて、タウン誌の無料ご奉仕DTP。
明日、母の外出で一日中つきあうので、今日のうちにバカスカやっておきたい。
無報酬の仕事とは言え、かなりシンドイ。

深夜までかかるのは必至。
明日の介護活動は早朝からだから今日のうちに木更津に移動したい。
しかし、無理か。
うーむ。



仕事しながらこれ。
チキンカツ弁当。
20パーセント引きで税込で約300円だったかな。

仕事を一時お休みして「西郷どん」。
西郷が征韓論で下野するところを描いていた。
両雄決別の巻。
西郷を美化するのと対比して大久保を悪く描いているのだが、ちょっと違うかなあ。

2018.11.18
posted by 幕張のおじちゃん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185013582

この記事へのトラックバック