2018年11月17日

西船 タツ屋で今日を噛みしめる

西船 タツ屋で今日を噛みしめる


19時頃、西船橋に到着。
うつらうつらしながら乗っていたので、寝ぼけまなこ。

もうクリスマスツリーが登場したんだね。

さてと、加賀屋へ向かう。
いや、待てよ、やっぱ「丸福」にしよう。
加賀屋の姉妹店なのだ。

がーん!!
丸福の前まで行ったら店が閉まっていた。

ああ、そうなのか、日曜は休みなんだ。

一応、加賀屋にも行く。
あらら、やはりお休みだ。

しょうがないので、二階の「タツ屋」に変更。

同店はまだ食べログが無い頃に来たっきりだ。



きすむ階段を上ると、このビジュアル。

前回来たときの印象と寸分も違わない。
まるで時が止まったようだ。

うそだ。
前回来たときのビジュアルはすっかり忘れてるは。

変わらないものに出会った時の老いた自分が情けない。
ほんと、記憶力も思い切り低下しているのだ。



中は熱気むんむん。
注文を受け復唱する威勢の良い声が店内の色々なところから発せられる。

私はまず瓶ビール(大)。
同店は500円。
まあまあ。

カウンターの席でひとり静かに飲む。
似たような人が両隣。

店内は7割くらいかな。
同店にしては空いているほうだ。

いいねえ日曜のこの雰囲気。



まずはもつ焼きを注文。
生肉が出てくる。

これをコンロで焼くのだ。

お値段は400円くらいだったかな。
これで400円でセルフで焼けるのはいいよね。



いい感じ。
楽しいぞ、こりゃ。

お腹がそれほど空いていないので、これをやりながら、ビールだけ。
あとはそうだな、胃袋と相談しながらちゅうことで...。

ビール、お代わり。

うう、しまった。
チューハイにすりゃ良かったかな。



もつ焼きも一応注文。

旨いわ、やっぱ。

腹が空いていたら鍋モノにも行きたいところだった。
残念。



ナムルもやし。
こういうのが旨いのだ!!!



この雰囲気。
どうっすか?
いいでしょう?

日曜の夜に来るってところが渋いっすよね。

それにしても、周りを見渡すと、ひょっとして私が最年長かもしれない。
ああ、そういう年齢になっちまったんだな。

ただ、この写真を撮る少し前には私よりもきっと先輩の方々が3人程おられたのですよ。

と、どうでもいい情報。

さて、帰るとするか。



まだそれほど遅い時刻じゃないので、自分用の土産にちょこっと飲むものとツマミを買って帰ろうと、Y'sマートへ寄る。



イカが旨そうだね。
399円の2割引きかあ。

近くだったら買いたいねえ。



更にこれはもっと買いたい。
たらの白子。

うわー、鍋に入れたら絶対に旨いよね。



階段を昇ったところにあるそば屋。
天ぷらせいろが650円かあ。

空腹じゃないのに何故か今日は好奇心が旺盛。

というか、アタマの中ではデキシーランドジャズが流れている。
そうなのだ、間違いなく新宿トラッドジャズの帰り道なのだ。



どうしてぶらぶらとのんびり帰るのかと言えば、「西郷どん」を録画しているので、急いで帰る必要が無いのだ。
あ、しかも明日も会社は休みだしね。

あ、休みと言っても溜まっている仕事を今夜も少し前に進めなくてはならない。



そうそう、木更津の車線区のところにも年輩のガードマンさんを配置したりと、それと同じなのかな。西船の武蔵野線のホームにガードマンさんが立っている。
そう固くなることはないのにと思ってしまう。

年寄りにこういうことさせたくないよね。
どうなの、JRさんは?

でも、こういうのが楽って言う人もいるしね。
私も最近、アレコレ悩んで悩んで仕事しているよりも単純労働のほうが楽しかったりするもんなあ。(笑)

2018.11.11
posted by 幕張のおじちゃん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184986449

この記事へのトラックバック