2018年07月11日

炎天下の山仕事へ

炎天下の山仕事へ


朝8時50分の袖ヶ浦公園。
病院には8時に行って、そして、ここで少しだけ休憩して山仕事の現場へ向かう。

強烈な日差し。
適当にやらないと死んでしまいそう。



ま。とにかく適当にやろう。



炎天下のJR横田駅。

9時半頃、現地着。
その前にもちろん飲みものを確保。
汗だくだくになりながら草刈りを始める。

とにかく、とんでもなく暑い。

本来竹藪じゃないところから真竹が出てきているので、鉈で切り倒す。
20本くらい倒したかな。
前回もそのくらい切り倒している。

困ったもんだ。



11時20分。
休憩。

雲が多いけれど、直射日光もある。
気温は完全に30度を越えている。



12時40分。
昼食は俵田の天香一で。
定食600円に、プラス100円でラーメンが付くというメニューがユニーク。

当然ながら100円出しちゃうよん。

この店、存在は知っていたものもの、初めて入る。
入ってみてびっくり。
物凄く繁盛している。

客層は大半がガテン系。



ランチセットのメニューは豊富。
この中のどれかをチョイスして、更にラーメンの種類をチョイスするのだ。

私は、酢豚定食と、台湾ラーメンのセットにした。
それで700円は安い。

中国系、いや台湾人の女性がホール係。
とても忙しそうに動いている。

元気もいい。
非常に好感が持てる。



約10分待って登場。
いいね!!!



まずは酢豚から。

ビジュアルはいいね。
そしてトロミもちょうど良い。

ところがだ。
な、な、なんだこの砂糖の甘さは。
もの凄く甘い。
甘すぎる。

こんな甘味の強い酢豚は初めて。

途中で食べるが嫌になった。
もちろん半分くらい残してしまった。

たぶん砂糖の使用料を減らすだけでかなり美味いんだと思う。

たまたま砂糖の量を間違えたのかな。
そう信じたい。

何故ならリピートしたい店なので...。



続いて台湾ラーメン。

こちらは塩分などの配合は悪くない。
よかった。

ただ、あまりにも酢豚の甘味が強かった為に、こちらはそのお口直し的な意味合いで食べてしまい、本来の味わいを楽しめなかった。

なので、この店の評価は厳しい。

でも、安いし、メニューも豊富で、大人気なのはきっといい店なんだろう。
この界隈に店が少ないということを差し引いても、本来は美味しい店ということで人気なんだろうな。

次を期待したい。

台湾料理 天香一 俵田店 =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12033153/

食事の後は、再び草刈りをちょこっとやり、スモモ(プラム?)の収穫をちょこっとやり、実家へ戻る。洗濯をし、シャワーを浴びてなんてことをやっていたら今日も一日が終わりになりそう。



スモモは完全に熟していないので、どうなのかな。
もうちょっと寝かしておいたほうがいいのかな。

夕刻、病院に寄り、速攻でベイタウンへの帰路に就く。
仕事が滞っているので、どんどんやりたいのはヤマヤマ。

だけど仕事は出来そうにないくらいヘロヘロ。

自宅には18時頃着。



19時少し前。
ご近所さんと乾杯。

いやぁ、たまらんです!!!



もちろん二杯目も行っちゃいます。
ダウングレードしましたが、旨いっす。



三杯目は雰囲気を変えて。(笑)



もう一丁。
これでダウンです。

飲んだ瞬間速攻で寝てたっす。(笑)

2018.7.10
posted by 幕張のおじちゃん at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183835765

この記事へのトラックバック