2018年07月07日

連荘の美浜食堂

連荘の美浜食堂


7月5日 木曜日
雨がぽつぽつ降っている。
西日本とか北海道とかは記録的な大雨。

またまた美浜郵便局と美浜区役所に用事で、昨日も行った美浜食堂で昼食です。
これは豚肉のトマト煮だったかな。
500円の日替わり定食。
素晴らしい。



ボリュームもそこそこです。
ここ、使えるね。
またちょくちょく利用しようと思っている。

しかし、しかし...。
本当はここで食べる筈じゃなくて、袖ヶ浦方面にいなきゃいけない時刻。

というのは、母が入院している病院に午前中に行く予定だった。

バタバタしながら仕事をしていたのだけど、あまりにもやることが多くて、こうなってしまっている。
かつて、宮使いしていた時の上司が、「時間が無いなんて言うな。時間なんて作るもんだ。」みたいなことを言ってたのを思い出す。まあ、その人も誰かから言われて使い回しなんだろうけれど、実はワタシはその言葉って大嫌いなのだ。仕事がケツカッチンのことやっているので、若い時はひとつひとつに全力投球して時間を使い切っていた。仕事がオフな時は飲んだくれていた。でも、その仕事をギリギリでやって、そして飲んだくれていた時間がワタシという人間を形成している。無駄な時間などまったく無い。それを他人がとやかく時間をつくれなんてよく言うよな。ただ、効率よくないことやってるのは自分でもわかる。その効率の悪いことをやっているそれを含めてワタシなのだ。

ちと、まわりくどいか。

とにかく時間が無くて困っている。
午前中に行く筈だった病院にやっと向かったのは14時30分過ぎ。
もちろん電話もしたが、がっかりしたような母の声。

施設の契約の話もあったので、ご担当にはご迷惑をお掛けした。
ごめんなさい。



道が混んでいたり、母に頼まれたものを調達するので、なんやかんやで16時近くなってしまった。雨は降っていない。でも蒸し暑い。

電車で行ったわけじゃなくて、単に近くの踏切で通り過ぎる快速を眺めていた。



母が入所する予定の施設を見学。
そして、色々とお話しを伺う。

複雑な気持ち。

ここは駅から近いが、ちょっと古い建物。窓からの景色はあまり良いとは言えない。
ところが系列のもうひとつの施設は窓から海も見えるし、建物も新しい。
そっちのほうがいい。

いや、そっちは駅から思い切り離れた場所にある。

トータルで考えると、やはりこっちだろうね。

再び病院に戻り、母の下着などを預かる。
実家で洗濯するのだ。



18時少し前。
木更津の”から山”で、「からやま定食」。590円+税。



ここのカラアゲは結構好き。



このテーブルに置いてある塩辛がたまらんです。
いくらでも食えてしまいそう。

ああ、また六三郎で飲みたい。

2018.7.5
posted by 幕張のおじちゃん at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183755115

この記事へのトラックバック