2017年03月27日

大人の遠足・水戸編(その1)

大人の遠足・水戸編(その1)


3月25日 土曜日
大人の遠足・ソロ活動なのだ。しかし、しかし・・・。
うっかり二度寝してしまった。
そしてそれからいきなりクライアントさんと電話やらメールでのやり取り。
ちょっと予定外に時間を要する。

本当は7時には家を出たかった。
まあしょうがない。
そう急ぐ旅でもない。

スタートは8時少し前。
気温はちょっと低目だな。
晴れているからまあいいか。



9時12分 海浜幕張駅発東京行きの京葉線快速に乗る。



中吊りはやはり森友問題。



南船橋から武蔵野線に乗り換える。



9時50分頃、新松戸。
ここで下車して朝食にしよう。

ちょっと遅いけれど。



土曜日だけど武蔵野線上りホームには人がたくさん。



流山電鉄。
久々にこの地に降り立った。



いきなり電車がやってきた。
この色合い。
いいね。

昔の地下鉄丸ノ内線を彷彿させるカラーリング。



大人の遠足・流山電鉄の旅もやってみたいな。



幸谷駅に停車。



あー。なんかいいなあ、この景色。



馬橋方面。



水戸方面に行くのに、こういうところで時間取っちゃうと後半キツクなってしまうと分かっていても、久々の幸谷駅のほうに歩く。
懐かしい。



ここが幸谷駅。

かつてとなんら変わってないな。

息子とこの駅から流山に二人でショートトリップをしたことがあった。
まだ息子が小学生の時だったかな。



再びJR新松戸駅。

さて、何を食べようか。
新松戸は、ありとあらゆるファストフードの店が揃っている。
あり過ぎるくらいだ。



選択肢がたくさんありながら結局安易に立ち食いそば。
一番早いってのが選択理由かな。

でもこの「喜多そば」というのは初めて。
常磐線沿線に多いのかな?



無難なところで、朝そば(360円)をチョイス。
山菜にワカメと天かすという組み合わせ。



可もなく不可もなくといったところか。
若くて元気な女の子が印象的。
この駅を利用するサラリーマン諸君は、こういった感じで朝を迎えられるっていいよね。

https://tabelog.com/chiba/A1203/A120302/12012514/



新松戸から常磐線に乗る。



10時10分。
常磐線普通で柏まで行き、そこから常磐快速の電車に乗り換える。
少々待たされる。



同駅には東武鉄道も入ってくる。

先日鎌ヶ谷から船橋まで乗った東武アーバンパークライン。



常磐特急。
かっこいいけれど、ちょっと怖い。

アゲハの幼虫みたいな気もする。



アーバンパークラインはこういう車両もあるんですな。

というか、今はこっちが主流なのか。



柏にはこんな電車も走っている。
これは千代田線だよね。



普通電車。
なかなか快速が来ないよ。



10時25分。
やっと来たよ。

常磐快速、水戸行き。



常磐線の車窓からの景色。
高浜のちょっと手前くらいから筑波山を望む。



その上の写真と、連続でシャッターを押した写真がこれ。
手前の湖みたいな川は、霞が関の北端に注ぐ恋瀬川。
なんともロマンチックな名前の川だ。
更に上流はなんと天の川という。
素晴らしい。

2017.3.25
posted by 幕張のおじちゃん at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179219693

この記事へのトラックバック