2017年02月14日

木更津ビューホテルで房総ジビエ

木更津ビューホテルで房総ジビエ


2月13日 月曜日
快晴の木更津。
上は実家の庭で。約20日ぶりだ。
老母は1週間前に転倒した顔の傷が生々しい。

写真撮ってないけれど、あちこちの梅が満開。
クルマの中はぽかぽか。
外は寒いね。

ところで、房総ジビエフェアというのをやっていて、つまり猟師に拠って仕留められたイノシシやらシカのことをジビエっていうらしいのだが、そういう肉を使った料理を食べさせてくれるのだ。

驚いたことに母が食べたいという。

候補は久留里の「ぽーたる亭」だが、時間も限られているので、表題のようにロイヤルヒルズ木更津ビューホテルになった。

ところで、ジビエ料理について県のホームページには以下のように書いてある。

本県では、野生鳥獣による農作物被害が深刻化しており、捕獲による農作物被害の軽減はもとより、野生鳥獣(ジビエ)の地域資源としての有効活用が課題となっています。
そこで、ジビエの消費喚起につなげるため、昨年の夏開催に引き続き房総ジビエ(千葉県内で捕獲
されたイノシシ・鹿の肉)を使った料理を提供するお店でフェアを開催します。
期間中、フェア参加店でジビエ料理を召し上がった方へのプレゼント企画を実施します。
この機会に、千葉県の新たな魅力「房総ジビエ」をご賞味ください。
平成29年1月18日
千葉県農林水産部流通販売課

今度のベイタウン朝市(2月18日 開催)で芋煮をやるんだけど、その中にジビエなんていかがだろうか。



久々。
中に入るのは私の結納の時以来かな。
当時は八芳園だった。



レストランの奥がカウンターバーになっている。



窓の外には木更津の住宅街の向こうに東京湾。そして横浜方面がよく観える。

富士山も綺麗だったけれど、電線が横切っていたので、写真は無し。



ホテルでの食事(ビュッフェを除く)も久々なので、緊張。
うそ。
同ホテルはそういう格式ばったような雰囲気が無いのでいい感じ。

注文はもちろん、「房総ジビエと千葉の野菜・房総まるごとポトフ」。
税別 2.000円。



サラダ。
うん。生ハムもあって、旨いっすね。



そしてこれが、房総ジビエと房総野菜のポトフ。

ちょっと私には上品過ぎる。
特に量が。(笑)



あ。でも、それほど少ないってわけでもないな。
失礼。

イノシシの肉は、右のほうにある赤い部分と、中央にある白い脂のあるところ。
明確に異なる部位の味比べが出来て嬉しいっす。

赤い部分はそうですね。
ややぱさっとした感じですが、柔らかいし、クセもなくて美味しいです。
でも私はやはり脂の部分が多い白いほうだな。
旨いですね。
上品に仕上げてますな。

臭みを取るのがひと工夫なのかな。
私はもうちょっと獣臭さみたいなものがあっても大丈夫なので、もう少しワイルドあ味付けがいいかもしれない。あ、でもここで食べるのはこれがベストだね。

野菜はどれもいいですな。
タマネギはもうちょい、ほんのちょっとでいいから柔らかく煮たのが好きかも。
たぶん、若干の歯ごたえを残すのに、そこも苦労しているのだと思う。



食後のコーヒー。
デザート付き。



美味しいです。

しかし、すみません。
デザートに関しての表現力がプア―なので、旨いとしか言いようがない。(笑)



1階のエントランス。
ご馳走様。

気持ちの良い接客もよかったです。

2017.2.13
posted by 幕張のおじちゃん at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178763932

この記事へのトラックバック