2016年11月28日

鍋焼きうどんをつくる

鍋焼きうどんをつくる


JAで旨そうなネギを買ったので、なんかつくろうかなと、帰りの車中で考えをまとめて決めたのが鍋焼きうどん。先日立石で旨い鍋焼きうどんを食べたので、その影響もある。

土鍋に適量の水、そこにうどん(生めん)、鶏モモ肉、ネギを最初からぶち込んで、煮立てる。煮立つまでは蓋をしておく。本当は材料ごとにタイムラグをつくるのかな。

っま、気にしない気にしない。



おお、煮立ってきたぞ。

適当なところでめんつゆ、醤油、若干の砂糖、酒を加える。
それぞれ適当。
たぶん旨いんじゃないかな。



ここでタマゴを入れる。
ビジュアル的に黄身だけのほうがいいのかなあ、と思ってそうしたけれど、でも、そこまでしなくても良かったみたい。



完成。
実はこの後、白身を入れてみた。
やっぱ入れたほうがいい感じだった。
余熱で半透明の白身。
いいなあ。

その写真は撮らず、ひたすら食べた。
めちゅ旨かった。
ネギが新鮮だからか、適度なシャキシャキ感、適度な甘みで旨かった。
緑のところのネギは中途半端な茹で加減だと苦くなることもあるので要注意。

2016.11.28
posted by 幕張のおじちゃん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177855172

この記事へのトラックバック