2018年12月27日

よく考えてみると満身創痍

よく考えてみると満身創痍


12月26日 水曜日
昨日に引き続き快晴。
朝晩は寒いけどね。

今日も明けの明星が煌々としている中の出勤。
慣れたと言っても寒いのはほんと、勘弁だな。

そして早朝のルーチンの後は、昨日に引き続き、イベントの企画の仕事。



午前4時半の特急メシ。
これと、おにぎり1個。

出前一丁は昨日の袋麺についで2日連続。
これは偶然。

でもこちらのはワンタン入りなのだ。



ワンタンはなんちゅーか、まあ言及するほどでもないけれど、いいね。

スープは割合イケるね。



麺も普通。
スーパー旨いってわけじゃないけれど、カップ麺はこれで良し。



南天の実が真っ赤に染まる。
WX350は大胆に近寄れるのがいいね。



遅い昼メシは、野菜補給の焼うどん。
今日は殆どモヤシ。

肉はいつも買っている安いシリーズが売り切れなので、皮無しミニポークウィンナ。



16時からここで打ち合せ。

この店が出来て本当に有難い。





夕食は、すっかり忘れてたSukiカードでこれ。

実入りの少ないアラ環ボーイはこういうところでマイセルフ福利厚生。(笑)

表題に満身創痍と書いたが、まあちょっと大げさかも。
これは自分自身の備忘録として記すが、手も足も痛くなった。

右足。
ちょっと様子を見よう。
膝が少し3ヶ月くらい前から痛み出した。
そして今は足の底。
なんか腫れているような気もする。

左の肩。
益々痛くなってきている。
しかし、年柄年中痛いわけじゃない。
だから普段は痛いのを忘れている。

右の肩。
嬉しいことにほぼ完治じゃないかという具合に痛みが取れてきた。

首の後ろの腫瘍の痕。
まやGが言ってた通り、しこりが出来ている。
痛みは無い。

首の骨。
医者からは治らないと言われているので、放置しているが、左のほうに首を回すときに痛みを伴う。

ま、そんな感じか。
しょうがないね。



明日は休みなので、これ飲んじゃう。

本当はMさんと宇ち多゛に行こうなんてプランもあったけれど、Mさんが時間が取れないようなので、断念。ま、たまには仕事に集中しよう。

2018.12.26
posted by 幕張のおじちゃん at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

イベントの企画を本格始動

イベントの企画を本格始動


12月25日 火曜日
三連休明けの朝、またいつものように6時に出社。
睡眠不足でかなりキツイ。
しかし、年内にある程度固めなきゃならないイベントの企画が遅れ遅れ。
なかなか集中して時間が捻出できないのが辛い。

そんな中、今日はベイタウンで、今後のキーマンになってくれそうなお二人のイベンターと打ち合せ。老いぼれの私と異なりお若い。色々なアイディアを頂戴した。そしてなんかエネルギーも頂戴する。有難いことっす。

明日も今日みたいな動き。



勤務後、まだ薄らぼんやりと富士が見えている。

さて、この後、色々やって木更津へ移動。
その前に遅い昼メシ。



こんなの買っちゃったよ。
袋物のインスタントラーメンは久々。

199円+税。



なるほど。
つまり私の人生とインスタントラーメンの歴史がほぼ同じっちゅうことだ。(笑)



ラーメンにラー油を入れるというのは、この「出前一丁」から学んだよね。

その後、ああでもない、こうでもないをやってから木更津へと移動。
母は既に夕食を済ませていた。

うーむ、介護になってないな。
反省。
もっと早めに木更津へ移動できるように心掛けよう。



チルドおピザ。
オーブンでチンして出来上がり。

母は、一切れしか食べなかった。
そりゃそうだ。(夕食後だもんね。)

一方で私はごはんおかわり。
食欲旺盛。



やっとこの価格。
ここ、やっぱ高いわ。
この界隈のスタンドはだいたい134円だもんな。

変えようかなあ。

疲れた。
母が入浴している間、いつの間にか寝てた。



入浴後、これを一杯。

寶のハイボールは甘すぎず好きだな。



クリスマスらしいことは何ひとつしてないが、3年前の2015年のポートタワーの写真を貼って、せめてクリスマスっぽく...。

「しばざ記」のモバイル版(ブログ版)の一日辺りのアクセスカウンター(一般には非表示)が驚異的な数字になっている。

どこのどなたが観てくださっているのだろう。
とても有難いことす。
有難うございます。

ところで、昨日の岩崎宏美と良美姉妹のデュオの話題は今日も続いている。
大竹さんが、「最後のサビ後半繰り返し直前の7th sus4→7thの2小節で毎回やられます( ;∀;)、、」と言ったので、ワタシの中にもちょこっと流れている音楽家(言ってみたかった)の血が騒いだ。

そうなんだよね。大竹さんや淳ちゃん達、凄い人って1小節の中で私なんかよりも何十倍も色々な情報を受け取っているんだよね。自然に分析出来ているのだ。

もちろん音符とかリズムとかの基本的な部分もそうなんだけど、ボーカルがちょっとフラットしてるとか、作者の意図がどこにあるのかとか、そういった諸々。ほんと、リスペクトしちゃうよ。

大竹さんご指摘のsus4。
確かにここ素晴らしい。

良美のハイトーンが泣けるね。

しばざ記 (PC版)=
posted by 幕張のおじちゃん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記