2018年11月20日

五井の大宮神社

五井の大宮神社


11月19日 月曜日
あれよあれよと言う間に11月も下旬に差し掛かろうとしている。
本当に月日の経つのは早い。

母の退所も近づいてきているので、準備に取り掛からねばならない。

さて、昨夜は23時まで仕事していて、その後はそのまま木更津へ移動と考えていたが、どうも体力的にキツそうなので、辞めた。そしてうつらうつらしながら仕事を続けた。

そして何時頃だったかな、2時頃まで仕事して、今朝は4時に起きた。
即ち2時間の睡眠。

うううう。
完全に寝不足。
しかも、仕事(DTP)が思った以上に捗ってなくて、慌てて再開する始末。
5時半までやってあとは引き継ぎしてもらう人に送信。

DTPは自己流なので、微妙なところのレイアウトがあまり出来ない。
それと、イラレに於ける拡大・縮小の概念がイマイチ。

午前6時過ぎ、やっとのことで木更津へ向かう。
雨が降ったようで、中庭のタイルが濡れていた。



6時55分。
眠い。そして腹減った。

そういうわけで蘇我の辺りの松屋で朝食。
税込で360円のプレート。

TKGはやはり旨かった。

それから渋滞ってほどでもないが、ダラダラ走行。
8時半目標で袖ヶ浦の施設だからあと1時間半もあるので余裕。

だが途中で眠くなってくる。
旧道のくねくねした道のほうが眠気は少ないだろうとそっちを選択。

やばいやばい。
どんどん眠くなってくる。

仕方ないので、五井の割合路肩が広い道路を曲がり、そこに車を停車し、エンジンを切ってシートを倒す。1秒で眠りにつく。

次に目を覚ましたのは8時過ぎ。
30分くらい眠ったようだ。

うううう。
しかしまだ眠い。

眠気冷ましに外に出る。
曇っている。
そして気温は低目。

ふと見ると、神社の大きな鳥居。



なるほど。
ここが大宮神社かあ。

眠気冷ましにちょこっと境内に入ってみる。

それにしても真新しいこの大きな鳥居。
この神社は最近出来たのかなあ。



ここから観る本殿も新しい。
ということは例えば平成になってから出来た神社なのかな。

Wikipediaには出ていない。
その代わり立派な公式HPがある。

うーむ。

ところで、この大宮神社の項はRX100で撮る。
実に10日ぶりの登板。

たまには可愛がってやらないと。

いつもはWX350にしているからずいぶん重く感じる。(笑)



せっかくなので、正門(?)から入ることに。
反対側(南の方角)に行く。

鳥居は小さくあまり目立たない。
そして狭い参道。

だいたいこの地区は新興住宅地。
道路などはきちんと区画整理された感じ。
神社はその後に作られたと思う。



ただ、細長いこの参道、とてもいい感じ。
こういう造りの神社って結構好みだな。



参道を進んでゆくと石の鳥居。
おお。
これは古さを感じる。

やはりきちんと歴史のある神社なのかな。

ま、実は古くても新しくても構わない。(笑)



そして本殿。

新しいし、立派だ。
名前が知れるようになると観光地としても成立しそうだ。

駐車場も充実している。





菊が見事。

言い忘れたが、当然ながら平日の午前8時。
天気も怪しいのでか、境内には誰もいない。

菊の鑑賞だって独り占め。(笑)

クルマへと戻る。



大宮神社のご近所の一般宅の庭に朝顔。

もう11月の半ば過ぎだっちゅーのにね。



私の介護カーと姉妹機種。
ポルテという。

これはアイボリーかな。
この色もなかなかいい。

9時頃袖ヶ浦の施設の近辺。
しかし、何か事故があったのか事件があったのか、旧道が警察によって閉鎖されている。

なんだろう。

ロスタイム20分くらい。
いや、もっとか。

9時30分に施設。
そして母を連れ出すのだが、ケアマネのS藤さんと出所後のデイリーサービスの件で話をする。



矢那川。
どうも天気はイマイチ。

午後から晴れてくるなんて言ってたと思ったのになあ。(泣)

午前10時半頃に実家に到着。

2018.11.19
posted by 幕張のおじちゃん at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

晴晴飯店 検見川浜店

晴晴飯店 検見川浜店


11月18日 日曜日
今日の仕事は検見川浜。

天気はまあ晴れているかな。
朝の気温はちょい低目。

今日は思うところあって、私の心理状態を描写するのはやめておく。
そうなると、今日一日、何を思って行動していたのかを後で思い出せなくなるが、まあしょうがない。マジメに黙々と仕事に徹しよう。





昼食はここ。
以前からちょっと注目していた店。

「晴晴飯店」という。
呼び方は「せいせいはんてん」というようだ。

落ち着いた雰囲気。
気になっていたという表現は、訂正。
実は、すっかり店の存在を忘れていた。
すみません。

さて、定食メニューの中から一番安いレバニラ炒めをチョイス。
680円+税だ。

まあ、一般的なお値段だが、日高屋さんなどよりもちょい高め。



店の雰囲気はこんな感じ。

結構広い。

でもこの12時40分頃の時間帯はお客さん全部で6人くらい。
少し遅れて10人くらいの団体さんが来られた。

いずれにしても余裕たっぷり。

ところで、これらの写真はまたWX350で撮っているが、RX100もそうだけど、ややアンダーに写る傾向がある。少しだけ補正しているものの、まあこれはこれで良しとしよう。



思ったよりも早く登場のレバニラ炒め定食。
待つこと7分くらいだったかな。

レイアウトが斬新。
中央の角皿が正方形なので、それをうまく置くことで、無駄なスペースが発生しない。
アイディアだなあ。



ビジュアルも味もなかなか。
モヤシのシャキシャキ感も程よい。

勤務は18時まで。
研修なので、覚えることが満載。
ううう、改めてアタマの悪さを痛感。

退勤後は昨日に続いて、タウン誌の無料ご奉仕DTP。
明日、母の外出で一日中つきあうので、今日のうちにバカスカやっておきたい。
無報酬の仕事とは言え、かなりシンドイ。

深夜までかかるのは必至。
明日の介護活動は早朝からだから今日のうちに木更津に移動したい。
しかし、無理か。
うーむ。



仕事しながらこれ。
チキンカツ弁当。
20パーセント引きで税込で約300円だったかな。

仕事を一時お休みして「西郷どん」。
西郷が征韓論で下野するところを描いていた。
両雄決別の巻。
西郷を美化するのと対比して大久保を悪く描いているのだが、ちょっと違うかなあ。

2018.11.18
posted by 幕張のおじちゃん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記