2018年11月12日

もつうどん 豚焼肉「まいど」 むむむ、開店まで2時間

もつうどん 豚焼肉「まいど」
むむむ、開店まで2時間



以前から「もつうどん」と稚拙な字の看板が気になっていた「まいど豚焼肉店」に行ってみた。行ったというか通りすがり。営業していたら、あるいは営業時間が迫っているのなら昼食をここでしたい。

あ、稚拙な文字と書いてしまったが、ちゃんとしたフォントだった。
すみません。



がーん。
11時45分かあ。

現在9時50分。
あらら。
うーむ、今から2時間後だ。

あー、せっかくいいタイミングだったんだけどなあ。

残念。

前述のようにここはもう何度も行きたいと思いつつ、しかし、タイミングが合わなくて、素通りしていた店。

地味ながらも独特のオーラを放っている。

しょうがないので、この界隈もちょっとだけタウンウォッチング。



高柳八幡宮。
ここは通りすがりにチラ見するくらい。

初めてじっくり見た。




いわねパーツセンター。

その昔、木更津パーツセンターという店があって、50MHzのトランシーバーはそこで買った。

中高生の時はこういう店に憧れを持っていた。
メシが食える程度の収入があれば、出世もなにも要らないので、こういう店を持ちたいと思っていた。

10時20分頃、袖ヶ浦の母のもとへ。
母はリハビリのマッサージを受けていた。

私はケアマネージャーさんと、母の退所のこと、退所後のことなどを相談させて頂いた。

今度、色々考えること、やるべきことが倍増する。
頑張らないとな。



施設から出てから駅からの坂道を福王台の途中まで行ったところにある”ちばぎん”へ。
今日は金曜日。明日のイベントの為に用意する経費とか、業者さんにお支払する現金を引き落とす。このタイミングで思い出して良かった。気づかずにいるとまた前回のように恥をかいてしまうところだった。

ところが、実は金額が少なった。
結局後で(夜になって)おろすことになった。
ああ、手数料損した。

2018.11.9
posted by 幕張のおじちゃん at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

巌根の辺り〜長浦〜そして八幡宿

巌根の辺り〜長浦〜そして八幡宿


11月9日 9時10分頃。
明日は「第2回 かいまくり」があるので、その為の準備やら、休養も必要なのだけど、なんかもうシャカシャカやるのがしんどくて、のんびりとクルマを走らせている。

そして巌根の海上自衛隊・補給処の近くにクルマを駐車し、タウンウォッチング。

こういうところって、何にもないようだけど、結構面白いものが多い。



ボンネットの雨粒。
中古車とは言え、クルマ屋さんでたっぷりとワックスをかけてくれているからか艶々。

小雨はまだ降っている。
まあまあ小ぶりになってきたかな。



早くも面白いものを発見。
旧米軍の遺した軍事施設か。

広大な土地にやはり広大な建物。

でも、近くの看板を見たら、どうもパチンコ屋のようである。

なーんだ。

でも凄いね。
こういうのは都会では見ることが出来ないよ。



海上自衛隊・補給処の正門。

この中にいっぺん入ってみたいな。



廃墟となっているかつての景品交換所。



その壮大なパチンコ屋さんの前に鉄条網に囲まれた施設がある。

それこそ軍事施設のようだ。



有刺鉄線。

こういうのは久々に見た。



どうも民間の施設かな。

少なくとも自衛隊のものではなさそう。



鉄条網はこのクルマをガードしているのかな。
なんだかよくわからないが...。

イベント用なのか、撮影用なのか、そんな感じだよね。

でもそもそも鉄条網をするほどの高価なものなのかな。
まあ高いとは思うけれど...。



昔ながらの喫茶店。

現役のようだ。
納品のクルマがやってきて、只今荷下ろし中。



ここもザ・昭和的な店。

アラレちゃんの出てくる「ぺんぎん村」にありそう。
昔はお洒落だと認識されていたんだろうなあ。

今はどうなんだろうね。

次に巌根駅のほうへ移動。



地元系のスーパーかな。

吉田屋さん。
ここでちょっと飲料を購入。
その代わり、ちょこっと駐車場を使わせて頂き、この界隈のちょこっとタウン・ウォッチング。

雨はやんだ。

吉田屋さんの裏側にはやはり地元系にして、吉田屋さんよりは規模がちょいでかめの「尾張屋」さんがある。至近距離だから売上の競争が激しいかもね。



ここでもなんかヘンなものを見つけた。

看板には「安い店 寿」と書かれている。
建物側には店の表示が何もない。
いったいなんの店かわからない。



ビールケースが置かれているから、飲食店には間違いない。
でも、この店には相当入り難いと思うんだけどねえ。

窓も無いしさあ。



そのヘンな店のお隣のこの建物も怪しい。
元々はわらぶき屋根をトタンで覆ったみたい。

左右非対称がまたいい感じ。

よく観ると、ここからの見える建物の壁はみんなトタン。
ザ・昭和な風景。



そのトタンに覆われた三角形の屋根のお隣の建物はここ地元系の洋服屋さん。
学生服も扱っているようだ。



その(ふるやまさんの)隣の軽食屋。
カフェと書いてあるが、今風のカフェではないことは一目瞭然。

しかし、どうしてこういうカラーリングにしちゃうかなあというのが率直な感想。



さらにそのお隣はまたもや「ふるやま」さんでした。
こちらは倉庫になるのかなあ。



狭い路地とはいえ、未舗装の道路が散見されて、それがいい味を出している。



この界隈でスーパーを除くと一番活気のある店のような気がする。



電子地域通貨「アクアコイン」だって。

本当に地域活性化に繋がるのかなあ。



本当に気軽に入っていいのだろうか。



アマチュア無線のアンテナだ。

今、現役でやってる人ってどのくらいいるんだろう。



暗い色の写真が続いたので、お色直し的な緑。



この店も田舎ならではのカラーリング。

食楽園 =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12016245/

残念ながらレビューは0件。



巌根駅までここから150mくらいかな。



ここはいっぺん入ってみたい店。

中華料理 秀幸 =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12021967/

ここもレビューなし。





高柳踏切。
正式なネーミングを初めて知った。



秀幸以外はみんな線路の向こう。

さて、次に行こう。
ひょっとして旧道のもつ煮うどんの店がやってるかも。
やっていればだいぶ早いけれど食べてゆきたい。

しばざ記 PC版 =
http://www.oretachi.jp/shiba/043/2123.htm

2018.11.9
posted by 幕張のおじちゃん at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記