2018年10月06日

偶然に飲み会に

偶然に飲み会に




19時20分頃、まずはビールをきゅーーーーっと。
旨い!!

五臓六腑に染み渡るとはこのことだな。





いずれも100円メニュー。
安いっ!!

んで、星野さんからSNSを介してのメッセが入った。
なんと「六三郎にいるので、合流しましょう。」みたいな...。

えええええ!
こっちも六三郎にいるよ〜〜。

なんという偶然。
以心伝心だな。

というわけで合流を果たした。(笑)



お互いに一旦清算をしてから、また新たに飲み始める。

いやぁ、ほんとびっくり。



肉盛り。580円+税。

これはワタシ的な定番。

とは言え、久々。
一人飲みしている時は注文しない。

あ、そうそう、そう言えば、今年になってからかな、消費税が外税になった。
つまり実質的な値上げ。

むむむむむ。

ま、それでも安いんだけどね。



揚げ餅ポン酢。
これもワタシの好み。



20時50分。
凄い勢いで飲んでいる。

これは緑茶ハイ。

この時点で既にセンベロの会計ではなくなっている筈。
ヤバい、ヤバい。(笑)



おお。
その後すぐに、あの方が参加。(笑)

3人で乾杯!!



出汁巻き玉子。
これがめちゃ大ウケ。

ふわふわで旨い。

お値段は580円+税。



半分くらい食べてからの撮影。

あの方の登場で、食べ物も飲み物もペースが一段と早くなった。(笑)



これはお隣のドラゴン食堂からのレバニラ炒め。
今日注文した中では一番の高値。





板わさはいかにもあの方らしい選択。
塩辛は何故か今日は初注文。
お代わり自由の大根おろしを加えて旨さ炸裂。

それにしても飲むほうも凄いハイペース。



出汁巻き玉子をなんとお代わり。
あの方が物凄く気に入ってしまったので...。



結局、閉店まで。
ふらふらになって帰宅。

呑み代はせんべろ店の価格ではなく、遥かにお高め。
やはり飲み過ぎ、食い過ぎだな。

反省。

とは言え、楽しかった。
有難うございました。

2018.10.5
posted by 幕張のおじちゃん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

DTP作業

DTP作業


10月5日 金曜日
9時20分頃、小雨なので、徒歩で出勤。
涼しくなったもんだ。

景色は既に晩秋の体を為している。

この写真はTZ10で撮影。
晴れた時にはパキっとしたいい絵が撮れるのに、曇りの時は画質が悪い。

RX100を買い戻そうかなあ。

会社に到着すると、なんと同じ部署の方が誰もいない。
あらら、おやすみなんだ。

ということで、仕方ないので、出勤の5分後に外出し、DTP環境のある然るべき場所で印刷物のデータの作成作業をすることにした。私の住まいの超近所。なんか申し訳ないな。それで、昼チョイ過ぎには幕張5丁目で打ち合せ。つまり、ほぼ一日出張となるのだ。



この写真を撮った直後に、J吉さんとお会いする。
お元気そうだった。

2年ぶりくらいじゃないかな。

今度絶対に飲みに行きましょうね。
お願いしますよ!!



普通の落ち葉じゃなくて、台風で無理やり落っこった葉っぱなので、色が汚い。

ということで、打合せまでに時間が無い中、必死にDTP。
見よう見まねでのDTPだから、時々プロの方にアレコレ教えてもらったり、ちょっと大変。
経験は長いけれど、まともな教育は受けてないので、すんません。

因みに、DTPちゅうのは、デスク・トップ・パブリシングということ。
つまり机上出版というのかな。
通常はPCでの編集をするという意味合いで使われている略語なのだ。



昼メシは時間が無いので、ばーっと食べて、ばーっと飛び出す覚悟で、これ。
具は一切無し。



しかし、とんでもなく辛かった。
それに、ホワイトカレーと言っても、確かにカレー粉は白いけれど、仕上りはこの色だもんね。

汗が凄いよ。

それにしても、辛いのが大の苦手な方から頂戴したのがちょっと笑える。^^

さて、小雨が降ってたけれど、大至急待ち合せ場所の14号のところにあるルネッサンスへ。
合流した後に、地域で活動されておられる方の会社へ。

有意義なお話しが出来た。
その後、一旦会社に戻り、Tさんと打ち合せ。
今後の色々な案件も多いし、遣り甲斐もある。

15時半頃、再び外出。
DTPの続き。
時間いっぱいまで作業をする。

18時50分に帰社。
19時に退社。

それにしてもほぼ一日の雨。
雨の日は辛いね。

腹ペコなので、ごこかで、軽く飲みながら食事しよう。
また、六三郎かな。

本当は、妻と待ち合わせして鳥メロに行きたかった。
軽くフラれてしまった。
情けない。

2018.10.5
posted by 幕張のおじちゃん at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記