2018年03月08日

月島の名店で飲む

月島の名店で飲む


月島に移動。

ここでも方向音痴になってしまった。
方向音痴って私は無縁だと思っていたのだが、逆にスマホの地図を見ながら歩いた結果間違っている。方位が固定されている地図のほうがワタシにはいいみたい。

赤羽でのロス、ここでのロスを合せて30分以上。
その間、岸田屋の店の前で増子さん、藤田さんが待ってくれている。
誠に申し訳ない。



通称もんじゃストリート。

この並びに岸田屋がある。



到着。
このように店の前にはたくさんの人が並んでいる。

増子さん、藤田さんの位置は、一番後ろ。
待っている人には毛布が貸与されている。

それにしても1時間近くお待たせした。
本当に申し訳ない。



でも二人は寒い中、缶ビールを飲んでいる。
さすがっす!!





看板と暖簾。

いい感じだ。



店の前にレトロなバイク。



やっと我々が先頭になった。
私が到着してから15分以上も経っている。



店の向かいは肉屋さん。



並びの店は全部もんじゃ屋さん。

更に5分経過。





19時ちょっと前。
やっと入れた。

壁に向かったカウンタの席に4人並んで座る。
まずは瓶ビールで乾杯。



雰囲気はいいのだけど、物凄く狭い。



まずは肉どうふ。

この肉も豆腐もバツグンに旨い。
肉がしっかりしている。



ポテトサラダ。
これがまたバツグンに旨い!!

身がしっかりしているというか、素材の存在感がある。



牛もつ煮。
いやぁ、こりゃ旨いわ。

これがここの一番の売り。
確かに行列が出来るだけあるね。



ほうれんそう二種。
左は普通のおひたしにかつぶし。

右はごまだれをかけたもの。

増子さんが「今までで一番旨いほうれんそう。」と言った。
本当にそう思う。



いか焼き。
肉厚で、ぷりっぷりしている。

いやぁ、実に旨い。

この店はハズレがないね。



まぐろとほっき貝のぬた。
これも絶妙な味。

飲みものは芋焼酎のお湯割り。
最高だな。

増子さんは日本酒。

ただ、ちょいと窮屈で疲れてきたので、店を変えることにする。



20時50分。
楽しかった。
なんだかんだで、2時間弱いたわけだ。(笑)

結構飲んだしな。

店の前にはもう誰も並んでいない。

ということはだよ、今度はこのくらいの時刻に来たらすんなりと入れるのかな。
いや、そろそろ店自体が終わる頃なのかな。

あ、21時30分までだって。
そうか、すると、20時40分頃に入って、サクッと飲んで帰るか、あるいはハシゴするかが良い使い方かもしれない。とにかく1時間待つのは嫌だな。

岸田屋 =
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13002239/



さてっと、どこで飲もうか。

ワタシ的には月島でもんじゃは食べない主義だが、他の店はぽっとしない感じ。

それでもぐるっと回ってみる。



で、結局もんじゃの店になった。



改めてかんぱーい!!!

今度はホッピーです。
いったい今日何杯飲んでるんだか。(苦笑)



バイトのおねえさんに撮ってもらう。

ああ、やっと落ち着いた。
岸田屋はとてもいい店だが、みんなで囲めないのだ。
だから会話もあまり出来ない。



まずは豚キムチ。
お値段は1,000円。



焼き手は増子さん。

結構ハードな焼き具合。(笑)
カリッカリという感じ。

味的には問題ない。
つーか、結構旨いわ。

酒が進む。(笑)



藤田さんが楽しそう。



今度はユズなんだかってやつ。

食べログみたら載ってた。
挽肉柚子胡椒だって。
お値段は1,200円。



焼き手はバイトのおねえさんにバトンタッチ。
素晴らしい手つき。
鮮やか!!



最初に具と水分を分けて、具だけを炒める。
肉と野菜もここでは分けておく。

なるほど、そうだった。
全部一緒にジャーッとやるんじゃないね。



これが仕上り。
なんか、これが食い物なのかって感じだけどね。(笑)



お隣のお客さん。
まだ大学生だって。

初々しいね。
まだおつきあいして長くないんだって。

またどこかで出会いたいな。

ごえもん =
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13167678/

ああ、今夜もしこたま酔った。
ケリーちゃんは月島の駅までみんなで歩いてからタクシーを拾って帰宅の途。
我々は月島から有楽町線で新木場、そして京葉線に乗り換えて海浜幕張駅。
うっかり寝てしまい、でも増子さんがしっかりしていて起してもらった。
駅を降りると雨が降っていて、タクシー。タクシー代は藤田さんの奢り。すみません。

2018.3.7
posted by 幕張のおじちゃん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

久々の赤羽で昼飲み

久々の赤羽で昼飲み


赤羽一番街。

なんかワクワクしちゃう飲み屋街。(笑)



がーん!!

丸健水産、今日は定休日なんだ〜〜〜!!!!

凄いショック!!!

うーむ。
ではどこで飲もうかなあ。

あれこれ居酒屋を品定め。
但し、夕刻に月島でみんなで飲む予定なので、あまり腹にたまるようなものは避ける。



なんかいい感じの店。

鯉とうなぎのまるます家 =
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13003778/

うわー。ここ行きたい!!
素晴らしいシチュエーション。

後から調べたら、ずっと以前に、名店だと聴いて、ある人と一緒に行こうと計画していたその店だった。食べログを観ても皆さん、絶賛している。

ただ、夕刻行く予定の月島の「岸田屋」も名店。
ここに入ってしまうと月島のほうでは楽しめないと判断して、断腸の想いで見送った。(笑)



ここもワタシ好みの店。
名前だけは存じている。

赤羽 トロ函 =
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13041447/

どこに入ろうかこんな感じで物色していたら、ある店の前で若い女性の店員さんに捕まってしまった。(笑)




ハッピーアワーだからドリンクがオール290円だと。

うーむ。
たぶんこういう店って飲みものは安いけれど、食べものが高いんだよな。
想像するのにたやすいけれど、まあ食べるのはセーブしながら飲もうということにした。



まずはビールで乾杯。

ただ、これって発泡酒だ。
なーんだ。

店に入るときに説明してよ。
テンションがた落ち。

それと焼き鳥がどれも1本180円以上。
これもびっくり。

その他、つまみがどれも高め。

あーあ、まいったなあ。



お通しが付く。
うーむ。

お通しだけで、ビール(発泡酒)を立て続けに飲む。
発泡酒でも喉が渇いていたので旨い。
ケリーちゃんは焼酎のお湯割り。



私も焼酎のお湯割りにする。



ナンコツのカラアゲ。480円。
この値段はまあ普通かな。

あ、いや、この手の店だったら389円が妥当じゃないだろうか。



と、言っても店はほぼ満席状態。

ほほう。凄いね。
さっきのお姉さんの頑張りなんだろうね。



飲んだ、飲んだ。

さて、そろそろ月島へ向かう。
16時50分頃。

あ〜、結構ギリギリじゃないか!!

今の鳥幸はサクっと飲んで、すぐ出ようなんて思ってたんだけど、1時間半以上も居たことになる。ついつい長居した。やばい。月島の岸田屋では早めに行って席を取っておくなんて約束してたのになあ。残念。



ここもいいねえ。
ちょっと後ろ髪を引かれる。

鐵一(てついち)赤羽店 =
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13109596/



さて、赤羽岩淵から地下鉄南北線で飯田橋乗り換えの有楽町線。
そういう経路で行くのが一番早いと思い、赤羽岩淵駅を目指す。

ところが後から分かったが、こっち方向じゃなかった。
大失敗。



下町っぽいいい感じの食糧品店。



ここでだんごを買う。

愛想の良いおばちゃん。

きくの家 =
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13087663/



みたらし団子。
1本 100円。

ピンが後ろに行っちゃった。

これを食べながら赤羽岩淵駅の本来の方向に軌道修正する。

うわー。30分のロスだな。
増子さん、藤田さん、申し訳ない!!

2018.3.7
posted by 幕張のおじちゃん at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

赤羽のゴリさんの店に行く

赤羽のゴリさんの店に行く


3月7日 水曜日
天気予報の通り、寒い朝。
天気はいいけれど、今日は最高気温が7度とか8度くらい。
つまり真冬の天気だ。

三寒四温かあ。
まあしょうがない。

それよりも春になって急に暑くなるのはやめてもらいたい。



午後から、ジミー竹内のお別れの会の時に司会を務めてくれたということで、けりーちゃんも一緒にゴリさんの家へと行く。彼女も短いつきあいだったがゴリさんにお世話になった。

14時、東京駅。
ここでケリーちゃんと待ち合わせ。

東京駅の地下で手土産を買う。



15時少し前、赤羽駅から南方向へ歩く。

この寺の参道の次の道を西へ登ってゆく。
角が交番のところ。

8年ぶりの懐かしい風景だ。



少し歩くと出会う地蔵さん。



この辺りは高低差あ激しい。



この辺りに来ると6年前もそうだったが、必ず道を間違える。
ジミーさんの家が一番高いところのこの香取神社の近くなのだが、ここから少し戻り、探す。ゴリさんのクリーンニング店はそのすぐ下にある。



香取神社の前から南方面を眺める。

確かこの近くがゴリさんの家。



ジミーさんの家を発見。
懐かしいなあ。

立派な家だよね。



ゴリさんの家を発見。
自宅はこの店舗の下にある。

奥さんは店番をされていた。

ゴリさんの亡くなった当時のこととかをお聴きした。
渡辺明日香さんから確か昨年の秋に亡くなったとお聴きしていたが、実際には6月だって。

それから、ゴリさんは数年前からガンを患っていたらしい。
でも、ちゃんと生きることに執念を燃やし、治療と、体づくりに努力していたそうだ。

ジミーさんとの出会いの話も聴けた。
ゴリさんからも聴いていたけれど、奥さんの立場からお聴き出来たのは嬉しかった。



色々お話しさせて頂いた後に記念写真。



私も。

適当なところでオイトマした。
お忙しいところ有難うございました。

ゴリさん、また会いにくるね!!



ゴリさんの家から坂をくだったところ。

一通の進入禁止の道がゴリさんの家の方向。



渋いそば屋さん。
たぶんジミーさんやゴリさんちから一番近いそば屋さん。

だからきっとたまには利用していたかも。
あるいは出前なんか取ってたかもね。

赤羽の駅を目指す。
ケリーちゃんが寒いっていうので、ちょっと暖かくなるものを食べようということに。

立飲みだから寒いけれど、せっかく赤羽に来たので、丸健水産のおでんなんていいかな、なんて思う。

2018.3.7
posted by 幕張のおじちゃん at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大きな出来事もさらっと流す一日

大きな出来事もさらっと流す一日


3月6日 火曜日
いい天気。

昼過ぎ、出かける。

空気は冷たいが、しかし、歩いていると暖かくなる。



スプリングスの河津桜。

今が満開なのかな。
どこがピークなのか分からんが、たぶんそうなんだろうね。



昼食は豚肉生姜焼き。
なかなかの味とボリューム。



ひじきごはん。
たくさん食べた。(笑)

ごはんがたぶん炊き立て。



テクノガーデンで打ち合せ。

その後、まあタイトル通り。
某所である出来事というか、なんというか、まあワタシにとっては不利な状況の話し合いが行われた。まあなんというか、そういうことなんだろうなとは思ったけれど、もうどうでもよくなっている。つーか、ポジティブに受取ろう。とにかく前進。(笑)

急に都内のある方にごあいさつに行かねばならず、海浜幕張の駅前でふと、「そうだこの界隈で幕張土産買えないな。」と思った。
ずっと前にはプレナの中に「船橋屋」という和菓子屋さんがあって、いざというときに重宝してた。

あ、明日のお土産はどうしようかなあ。



夕陽を拝みに。

17時30分くらいかな。
雲が遮り、高い位地で消えた。

落下点はだいぶ北よりになってきた。



また、たじまのソースとんかつ弁当。
4割引きだった。(笑)

ここ2、3日、さくらのブログ版「しばざ記」のアクセスが低迷。200くらいで、訪問者は40人くらいだった。しかし、今日は600まで跳ね上がった。
良かった。
この波はどうしてなんだかわからんが、素直に嬉しいよ。w

ところで、皆さん(← 誰に呼びかけてるんだ?)、ぽんぽんガニってしってる??
この間の日曜の「ダーウィンが来た!」で観たんだけどさあ。
凄い生態だった。

手にイソギンチャクを付けて、それで自分を守っているというやつ。

世の中、まだまだ知らないことが多いな。

2018.3.6
posted by 幕張のおじちゃん at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記