2018年03月02日

ドラマの影響で夢を見る

ドラマの影響で夢を見る

3月2日 金曜日
素晴らしい天気。気温も高め。暖かい。

今朝は一旦6時半に目覚めた後にうっかり二度寝した。
起床は8時過ぎ。
急ぎの用件もあったが、久々にたくさんの睡眠が取れて嬉しい。
夢も見た。
昨夜観たドラマ「リピート」のことだ。

ヘンな夢だ。
昨夜の終わりにゴリが演じる天童が「犯人が分かった!」と言った。
そこからの続きを観ていた。
もちろん想像なんだけど、私がその夢で観たのは、実はヒーローの筈の毛利圭介。
その理由も夢の中で論じてた。

うわー、しかしますます楽しみだな。
来週が待ち遠しい。



8時30分。まばゆい光に包まれている。

今日はちょっと仕事の手を休めてまずは少しおざなりになっていたブログの更新をメインにする。午後から新検見川にプレゼンに行くので、昼少し前まで没頭することに。



11時20分。
天気がいいので、オリタタミの自転車で新検見川へ向かう。



プロムナードも春の日差しがたっぷり。



あと1ヶ月でここが桜の花で彩られる。
寒さももうちょっとの辛抱だな。

2018.3.2
posted by 幕張のおじちゃん at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

羽生選手に国民栄誉賞授与へ…連覇偉業を評価

羽生選手に国民栄誉賞授与へ
…連覇偉業を評価


確かに素晴らしい。
受賞は文句なし・・・だと思う。

それは誰もが知るところ。
だから敢えて私は特筆しない。

以下はこれまでの歴代受賞者。(Wikiから)

国民栄誉賞受賞者一覧
 受賞者氏名
(芸名等)
受賞時年齢授賞式開催年月日
(授与内閣)
1王貞治37歳1977年9月5日
福田赳夫内閣
2古賀正夫
古賀政男
没後受賞
(満73歳没)
1978年8月4日
福田赳夫改造内閣
3長谷川一夫没後受賞
(満76歳没)
1984年4月19日
第2次中曽根内閣
4植村直己没後受賞
(満43歳没)
1984年4月19日
(第2次中曽根内閣)
5山下泰裕27歳1984年10月9日
(第2次中曽根内閣)
6衣笠祥雄40歳1987年6月22日
第3次中曽根内閣
7加藤和枝
美空ひばり
没後受賞
(満52歳没)
1989年7月6日
宇野内閣
8秋元貢
千代の富士貢
34歳1989年9月29日
第1次海部内閣
9増永丈夫
藤山一郎
81歳1992年5月28日
宮澤内閣
10長谷川町子没後受賞
(満72歳没)
1992年7月28日
(宮澤内閣)
11服部良一没後受賞
(満85歳没)
1993年2月26日
宮澤改造内閣
12田所康雄
渥美清
没後受賞
(満68歳没)
1996年9月3日
第1次橋本内閣
13吉田正没後受賞
(満77歳没)
1998年7月7日
第2次橋本改造内閣
14黒澤明没後受賞
(満88歳没)
1998年10月1日
小渕内閣
15高橋尚子28歳2000年10月30日
第2次森内閣
16遠藤実没後受賞
(満76歳没)
2009年1月23日
麻生内閣
17村上美津
森光子
89歳2009年7月1日
(麻生内閣)
18森繁久彌没後受賞
(満96歳没)
2009年12月22日
鳩山由紀夫内閣
192011 FIFA
女子ワールドカップ
日本女子代表
団体受賞2011年8月18日
菅第2次改造内閣
20吉田沙保里30歳2012年11月7日
野田第3次改造内閣
21納谷幸喜
大鵬幸喜
没後受賞
(満72歳没)
2013年2月25日
第2次安倍内閣
22長嶋茂雄77歳2013年5月5日
(第2次安倍内閣)
23松井秀喜38歳2013年5月5日
(第2次安倍内閣)
24伊調馨32歳2016年10月20日[6][7]
第3次安倍第2次改造内閣
25羽生善治47歳2018年2月13日[19]
第4次安倍内閣
26井山裕太28歳2018年2月13日[19]
(第4次安倍内閣)
王さんって、37歳の時の受賞なんだね。
もっと、ずっと後の受賞だったと思った。

選考基準があいまいだけど、際だって優れた功績という点では藤井六段も対象じゃないのかなあ。連覇記録と、中学生で六段なんて、誰にも真似出来ない。

2018.3.1
posted by 幕張のおじちゃん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

袖ヶ浦公園

袖ヶ浦公園


14時30分頃、袖ヶ浦公園。
今年最初。

この頃から風が強まった。
気温は高い筈だけど、風に吹かれていると寒くなる。



河津桜。

木は小さい。

でもお目当ては梅園なのだ。



鴨がこれでもかってくらいたくさんいる。

母が自販機のエサを買って、鴨にプレゼントしている。

写真撮っておけばよかったな。



梅園の近くにいた猫。
寒いからか毛が長くなってるよ。

そういうわけじゃないのかな。





満開までは行かないが、梅園はそこそこいい感じ。

天気晴朗なれど風が強くて、デイサービスのおじいちゃん、おばあちゃんも少しいただけで帰ってしまいちょっと寂しい感じ。

今度の土日は人出がかなり多いのだろうな。



ここの梅は色々な種類があって、どれがどれで、なにがなんだかわからない。
でも、いいのだ。

綺麗なことは綺麗。

そして香りも良い。





素晴らしい。
たっぷりと梅を満喫したので、その後は山仕事へ。

また枝の伐採やブッシュの伐採。

暗くなるまで頑張る。
汗びっしょり。
満月を背中に山を下った。



夕食はこれ。
昼食が遅かったので、どこに食べに行きたいということもなく、スーバーの弁当で間に合わせた。

これ、税込500円だからそれほど安いってわけじゃないが、割合旨かった。



それとイワシ刺し。(笑)

安い割に物凄く旨い!!



21時頃。
幕張に戻る足で、木更津焼きそばに寄ってみた。
先客6人。

結構人気。
マスターの小倉さんが、一所懸命空き缶を潰していた。

ついさっきまでたくさんの客がいた感じだよね。



そんなに長く滞在しなかったが久々に色々話せた。

ま、とにかく小倉さん元気そうでなにより。

2018.3.1
posted by 幕張のおじちゃん at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そば・うどん 「大松や」

そば・うどん 「大松や」


午後1時20分頃、清見台から祇園に下る坂の途中のそば屋に立ち寄る。

この道、そんなにご無沙汰ではないけれど、涙がちょちょぎれるくらい懐かしい。
素晴らしいあるよ。

突き当りは祇園の駅。



ここです。
「大松や」という屋号。

https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12039211/

なんと、ここも食べログのレビューがゼロ。
木更津はまだまだ発掘する余地があるのかも。



店構えからするとそう新しくはないし、物凄く古いかといえばそうでもないような感じ。

ただ、間違いなく昭和だろうね。



店内。
結構広め。
厨房も広い。

儲かっている雰囲気がアリアリ。

注文はカツ丼セット。
1,100円。

そう安くはないかな。
都内の価格からは安いけれど。



こういう手洗い、懐かしいね。
最近、とんと見かけなくなった。



太陽光が半分くらい入ってくる席だったので、撮影が超難しかった。
なので、手抜き。



そばはまあ平均点かな。

ただ、星が見えない。
のっぺりした感じ。

つゆはいかにも関東という濃い目のしょうゆ。



カツ丼。
断面をご披露しようと思ったものの、前述のように光の加減で思い切りコントラストがついてしまうので、やめた。

先日の竹家といい、この店も雰囲気がばっちり。
清見台は実家から離れているのであまり行かない地域。
もっと研究が必要なことが分かった。

2018.3.1
posted by 幕張のおじちゃん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

春の嵐

春の嵐


3月1日 木曜日
予報通り、未明から凄まじい風雨。
春の嵐。

だが、既に8時過ぎには収まった。
今日は20度くらいまで気温が上がるらしい。

ZOZOPARK2周年記念スポフェスと、まくはりスポーツフェスタの合同開催特集の「ベイタウンぱれっと」16号を下版する。配布は6日から。

昼少しまわった頃、ベイパークを横目に観ながら五井に向かう。
そしてそのまま木更津へ。

クルマの中は温室状態。
久々に窓を開けて走行した。

気持ちがいい。

そうそう、そういえば、五井の「からあげ大将」の石井さん、市原マルシェをやめちゃうってことを高井さんから聴いていた。読売もやめちゃうらしい。寂しいな。今日寄ってみればよかった。「ともえのキムチ」にも寄って竹岡ラーメン食べたかったけれど、時間切れ。



矢那川。
未明の大雨で川の水は濁っている。

2018.3.1
posted by 幕張のおじちゃん at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記