2018年01月05日

温泉で温っまり冷たいビール プチ幸せ

温泉で温っまり冷たいビール プチ幸せ


前述の通り、息子のチョイス。
「湯楽の里」という名前の温泉。

単なるスーパー温泉じゃなくて、地下2,000メートルからの天然温泉だって。

なるほどねえ。

暫しサウナに入って、湯船につかって、時々外の露天風呂に入ったと、ゆっくりする。露天風呂はとんでもなく外気が低くて、まあ気持ちいいのだけど、でも、ちょっと寒すぎだ。

富士山が見えたのは予想外。



風呂上り、ここでのんびり。
温まった。



キンキンに冷えたジョッキを飲む。
息子が運転してくれるというのは有難い。

妻も飲む。
夫婦揃って飲むのも久々。

子はかすがいか?(笑)

その後、酒々井アウトレットの渋滞とか東関道に入る渋滞を避けて、くねくねしながら、四街道、八千代経由で帰宅。午後8時頃。

テレビでアニメの「君の名は?」を観ようかと思ったが、疲れてうとうと。
本当は息子が一番疲れてるのにね。
すまん。



フミちゃんのFBから。
今日もスーパームーンだって。

しかし、ベイタウン、なんかやっぱり異国みたいだ。



藤代製麺の若社長のFBからシェアさせて頂いてます。
正月休み無しのラーメン屋さんの為にせっせと仕事をされている。
すごいなあ。
お忙しいのはなにより。
しかしくれぐれもお体にお気をつけて!!

2018.1.3
posted by 幕張のおじちゃん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

房総のむら

房総のむら


13時ちょうど、通常の駐車場が満車なので、奥の森林のようなところの臨時駐車場にクルマを置く。と言っても息子が運転手だが。

外は異常に寒い。
風が強く、体感温度は3度とか4度じゃないかな。



ここに来たのは3年ぶりくらいかな。



おお。2013年10月だから、だいたい4年2ヶ月ぶりくらいか。
上がその当時の俺だ。(笑)



そして現在。(笑)

息子に撮ってもらったが、撮ってる奴のほうが恥ずかしがってやがる。
なんで?



ぼうじろう。
この房総のむらのゆるキャラだってさ。








武家屋敷だって。
こちらは玄関。

「たそがれ清兵衛」に出てきそうな佇まい。



陽だまりは少し暖かい。



北側。



下総の農家。
成田市堀之内の平山家だったそうだ。

それにしてもでかい屋敷。



門もしっかりとしている。



母屋もでかい。
豪農でもこれだけでかい土地家屋は珍しいのじゃないだろうか。



蔵かな。



農村歌舞伎の舞台。

猿回しをやっている。
たくさんの人。



テレビにも出たことがあるんだって!!



資料館に向かう。



資料館の入口。
この辺りと成田の広範囲、それと芝山から横芝にかけては古墳の宝庫。
埴輪もたくさん出土しているらしい。



じっくり時間をかけて観ると楽しいのだけど、息子はあまり興味ないみたい。



弥生時代の人なのかな。
しっかりと説明文読んでないので不明。



資料館のオモテ玄関の前は古墳の宝庫。

こんなやつが密集している。
力のある豪族がたくさん住んでいたんだな。



ちんどん屋さんも出ていた。

ちょうど撮影タイムになるところ。



体が冷え冷え。
真冬の奥多摩歩きをしている時みたいな寒さ。

次はいよいよ、温泉。
温泉と言っても、スーパー銭湯。
息子がチョイスした。
本当は日光だったのにね。悪いね。

2018.1.3
posted by 幕張のおじちゃん at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記