2017年10月24日

ぎっくり腰 早く良くなってね!

ぎっくり腰 早く良くなってね!


すると、こんな看板を見かけた。
あらら、おかわいそう。

そしてなんとなくこの店に親しみを覚えて、店の前でわいわいしてたらオーナーが出てきた。



おお。なんとイケメン!!
若くてイケメン。

かっこ良すぎ〜〜!!!



奥さんも可愛い。

まいったなあ。
ここも今度来なきゃね。

とにかく、ぎっくり腰、早くよくなってね。

清澄白河、ほんといい店たくさん。

と、言いつつ、酒屋でしっかり缶チューハイ買った三人でした。(笑)

2017.10.22
posted by 幕張のおじちゃん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そして「だるま」で飲む

そして「だるま」で飲む


「だるま」は雲光院の近く。
もう既にここは5回くらい来た。(笑)

清澄白河の魅力のひとつは、「だるま」があることだ。
それくらいこの店はいい。



今日何度目の乾杯だろうか。(笑)



最初のツマミは、これ。
タコのカラアゲ。

まっしーのリクエスト。



ホウレンソウにタマゴ。

これ、なんという名前の品なんですかねえ。
最初、ニラ玉くださいって言ったら粋のいいおねえさんに「そんなものは無い!」と怒られて(笑)、これです。これにベーコンが入ったものは「ポパイ玉子」だったかな?

それも注文したけれど、写真撮るのを忘れた。w

その粋のいいおねえさんは、普段はお客さんで来ていて、ここで働いたお金を飲みに投資しているらしい。素晴らしい。

今度一緒に飲むことを約束しました。
誰か一緒に行きましょう!!

お客さんの中には何人かジャズミー横丁でお見かけした方がおられた。
私の隣に座ったカップルもそうだって。



ホルモン。
これは旨い!!



いかにも常連さんっぽいですね。
(一応モザイクかけてます。)

そしてここ、毎回来る度に誰かと仲良くなってるんですよね。
お客さんも気さくな方が多い。



まぐろ。



イカゲソ。



ここでホッピーの登場。



ここでまっしーは日本酒に行くのか!?



あまりにも楽しいし、美味しいので、胃袋の限界を忘れて、飲むわ、喰うわ。(笑)



フライドポテトはまっしーはマスト。



まっしーからシメの焼うどん。
私だったら分かるけれど、彼がこれを注文するのは意外!!



ジャズミー横丁でほぼ一緒のルートだったというカップルさん。
板橋から来られたということ。
かなりのエロネタばっちりで、面白かったです。

またお会いしましょう。



ああ、面白かった。
また是非行きましょう。

外はまだ雨が降っている。

3人でとぼとぼと歩いて清澄白河の駅に向かう。

2017.10.22
posted by 幕張のおじちゃん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ジャズミー横丁(その2)

ジャズミー横丁(その2)


まずは鉄工房のランブリンジャック。
演奏は既に佳境に入っていた。

まず、ここで取り置きして頂いたチケットを入手。



いやぁ、いいなあ。ジャックさん、最高!!



これがジャズミー横丁の概要。



このイラストは、ジャズミー横丁の主催者で、ピアニストの深澤芳美さんが描いた。
素晴らしいですね。



深澤芳美さんは、右から二番目。
右端はジャック天野さん、左端はスーザホーンの菊池さん。左から二番目はドラムの日高さん。日高さんは長らく谷啓とスーパーマーケットのメンバーだった。





我々も一緒に記念写真。

日高さんが手にしているのは、朝日新聞の関係のタウン誌。
このジャズミー横丁の記事も出ている。

実は私の名前も。m(__)m



右は鈴木正晃さん。





ランブリンジャックのステージが終わった後、トランペット・ジャム。3本のトランペットが登場。バッキングはピアノとギターという編成。ピアノは深澤芳美さん。



これぞプロの演奏。
素晴らしい。

そしてこの鉄工所という背景がたまらないですな。





私の大好きなトランペットの鈴木正晃さん。
高音部に痺れます。



歌もかっこいい下間さん。
ファンからは、てっちゃんと呼ばれている。



江戸資料館のこのイベントのオープニングを飾った菅野淳史さん。
ジャズミー横丁には初参加。
やはり素晴らしい演奏力を有する。

かっこいい!



ここで、ドラムとスーザホーンが飛び入り、というか、予告通り参加。(笑)

終了後、我々は雲光院へと向かう。
場所は道路を渡った反対側。

少しだけ雨に濡れるが、ほんの僅かなことだ。

鉄工房(鉄工所)では飲みものやおでんなどもあったが、深川宿で食べたばかりだったので、腹いっぱい。ビールを飲んだだけに留まった。
でも、おでん食べたかった。

それからケリーちゃんが来ることになっていたが、お父さんが危ない(危篤)ということで、来れなくなった。心配だ。



雲光院ではこのバンド「ニューオリンズバンド」のラストだった。
満員だ。



ご住職が幕間の司会。

素晴らしいお言葉だった。



やっと胃袋が本格稼働。
プレミアムビールだよん。



ツマミはギンナン。
うーむ。ピントが思い切り外れた。



花岡詠二さんを中心としたセッション。

トランペットの鈴木正晃さんは先ほどの鉄工房から連荘。
今回は見事に繋がったです。
ジャックさんは先ほどの鉄工房を最後にお会いできなかった。
4ヶ所の会場なんですが、なかなかうまく行かない。(笑)



ピアノは山本琢さん。



ドラムは日高さん。
日高さんも今回は全部絡んでいたかな。

因みにこのドラムはご住職の私物だそうです。
ご住職はベンチャーズのバンドを組んでいて、このドラムを叩くのだとか。

年に一度くらいライブをやるそうなので、呼んでくださいとお伝えした。



そして雲光院のラストは、深澤芳美とキャロライナシャウトの皆さん。
まずは芳美さんからの前説。



ご住職から有難いお話し。

「お寺は葬式をやるだけのところではなく、楽しみに来るところなんです。」

昨年のお月見ライブでも拝聴しましたが、ほんと、素晴らしいですねえ。

来年還暦だそうです。



リズムの指示を出す芳美さん。

ピアノは雲光院が買ってくれたそうです。
チューニングがホンキートンク。
いいですねえ。





テナーサックスの三上和彦さん。
渋いです。渋すぎ〜〜!! ^^

ちょっと谷啓さんに似てるかも。



下間哲さん。
かっこいいです。



オーソドックスながら見事なプレイ。
ベーシストの田野重松さん。



息もぴったり。
心地よい調べ。
至極のジャズですな。



このバンドではゲストの花岡詠二さん。
圧巻のプレイ。
プロ中のプロ!!!



そして本日唯一の女性ボーカリストの吉澤紀子さん。

素晴らしい歌声です!!



とても素晴らしいライブでした。
幸せでした。
有難うございました。



お土産に赤飯のおにぎりを買った。
3個入りで200円。
安い。



来年もぜひ行きたいです。

2017.10.22
posted by 幕張のおじちゃん at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記