2018年11月17日

畳の上 おもちゃの飛行機

畳の上 おもちゃの飛行機


11月12日 月曜日

11月も中盤に差し掛かっている。
なのに、寒くは無い。
ちょうどよい気候。
気持ち悪いくらい暖かい。

但し、今週は徐々に寒くなってくるらしい。
うーむ、冬服大丈夫だろうか。
とりあえずベストを買い足しておかねばならないか。

今日の予定は区役所に行ったり、それと別件で検見川浜の駅近くに行く。
あとは溜まった事務処理等々。
その後、袖ヶ浦、木更津まで。

「かいまくり」の後の三連休の中日なのだ。

なんか殆ど出勤が無いので、本当にお勤めしているんだかなんだかわからない日々。
まあ、しかしそういうことで母の洗濯係として役に立っているわけなのだ。
逆にそういうシフトで有難いと思わなくてはね。



朝食はカレーライス。
レトルトのカレーにニンジンとタマネギを加えて野菜不足を少しでも解消という、そんなやつに。

あ、だけど、丸大食品のこのレトルトカレーは最初から具が割合しっかりと入っているので、そこに敢えて野菜を加えなくてもいいのかという気もする。ヘンに具を追加すると、塩コショウを追加しなきゃなんないしね。



12時40分。
これから出かける。

自転車で行こうと思ったけれど、自転車を出すのが面倒だったので、クルマで行くことにした。
MPVと違ってマイ介護カーは燃費がいいので、気軽に使える。
いいのか悪いのか。(笑)



マイ介護カーと同じ形のクルマが駐まってた。

このクルマ、結構見かけるのだけど、年式も同じってあんまり見ないかな。

区役所の用事は、さささっと済ませて、昼食。
最近は区役所の用事に絡ませて3階の食堂で昼食というのがワタシの中での常識のひとつ。安くてそこそこ満足。



トヨタもトールタイプの小型ワゴンを色々出してるんだな。
流行りなんだよね、今、トールタイプ。



醤油ラーメン 400円。
同食堂で初めての麺類。

安いし、まあそこそこという感じでいいのだけど、やはりチープ感は否めない。
100円足して定食のほうが絶対にいいな。



食堂からの風景。

長閑な感じだ。

その後、駅方面へ。
暫く検見川浜に来ることが多くなるので、駐輪場の契約。
2ヶ月で3,600円だったかな。

電車で木更津方面へ行くときにも使えるな。





今日もカメラはWX350のみ。

オートレンズカバーの開閉だけ気をつけていれば、まずは失敗しないカメラだな。



日高屋はここになるんだ。

つまりドトールが撤退したということだ。
日高屋のオープンは大歓迎だが、ドトールは仕事でよく使っていたので、ちょっと悲しい。





もう一度区役所に戻り、1階で販売している惣菜を夕食用に購入。
いずれも250円。

販売しているのはNPO法人 カフェ・バルコニーの家。
障害者のサポートなどをされている会社のようだ。

障害者自らも販売員で参加されていた。
有難く食べさせて頂く。



同法人のパンフレット。

惣菜や弁当などは、たぶん、平日のお昼時には区役所で買えると思う。
皆さんもどうぞ。



夕食は天丼にした。
イモ、カボチャ、シイタケ、ピーマン。
素晴らしいラインアップ。

これにかき揚げが加わって、それでトータル250円だからかなり安い。

また買おうっと。

19時過ぎに袖ヶ浦の施設。
洗濯ものはあまり無いけれど、明後日以降は暫し来られないので、その旨を告げに来た。

そしてその足でまっすぐ木更津へ。
あ、途中で実家の冷蔵庫に入れるアルコール類などを買い足す。

21時頃、ランニング。
約6kmを走る。

やっと5kmオーバーでも息が切れなくなってきた。
あまり無理して足腰を痛めないようにそれくらいでセーブしている。

シャワーを浴びて、そしてビアタイム。



深夜。
実家で飲むビールも複雑だな。

そろそろ母が戻る予定なので、こうやって飲むのもあと何回か。
しみじみ。



畳の上に姪の子ども、即ち母のひ孫が遊んでいたブリキの飛行機。

これ、実は私が19歳の時に阿佐ヶ谷の雑貨屋で買ったもの。
買った当時は150円くらいだったかな。

たぶん、私の息子もこれで遊んでいた。

ずいぶん重宝しているんだな。

しみじみ。



飲み足りないので、追加でこれ。
ああ、いい気分。

それにしても実家はさすがに木造だけあって、寒いな。
そろそろストーブの用意もしなきゃならないかな。

2018.11.12
posted by 幕張のおじちゃん at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

西船 タツ屋で今日を噛みしめる

西船 タツ屋で今日を噛みしめる


19時頃、西船橋に到着。
うつらうつらしながら乗っていたので、寝ぼけまなこ。

もうクリスマスツリーが登場したんだね。

さてと、加賀屋へ向かう。
いや、待てよ、やっぱ「丸福」にしよう。
加賀屋の姉妹店なのだ。

がーん!!
丸福の前まで行ったら店が閉まっていた。

ああ、そうなのか、日曜は休みなんだ。

一応、加賀屋にも行く。
あらら、やはりお休みだ。

しょうがないので、二階の「タツ屋」に変更。

同店はまだ食べログが無い頃に来たっきりだ。



きすむ階段を上ると、このビジュアル。

前回来たときの印象と寸分も違わない。
まるで時が止まったようだ。

うそだ。
前回来たときのビジュアルはすっかり忘れてるは。

変わらないものに出会った時の老いた自分が情けない。
ほんと、記憶力も思い切り低下しているのだ。



中は熱気むんむん。
注文を受け復唱する威勢の良い声が店内の色々なところから発せられる。

私はまず瓶ビール(大)。
同店は500円。
まあまあ。

カウンターの席でひとり静かに飲む。
似たような人が両隣。

店内は7割くらいかな。
同店にしては空いているほうだ。

いいねえ日曜のこの雰囲気。



まずはもつ焼きを注文。
生肉が出てくる。

これをコンロで焼くのだ。

お値段は400円くらいだったかな。
これで400円でセルフで焼けるのはいいよね。



いい感じ。
楽しいぞ、こりゃ。

お腹がそれほど空いていないので、これをやりながら、ビールだけ。
あとはそうだな、胃袋と相談しながらちゅうことで...。

ビール、お代わり。

うう、しまった。
チューハイにすりゃ良かったかな。



もつ焼きも一応注文。

旨いわ、やっぱ。

腹が空いていたら鍋モノにも行きたいところだった。
残念。



ナムルもやし。
こういうのが旨いのだ!!!



この雰囲気。
どうっすか?
いいでしょう?

日曜の夜に来るってところが渋いっすよね。

それにしても、周りを見渡すと、ひょっとして私が最年長かもしれない。
ああ、そういう年齢になっちまったんだな。

ただ、この写真を撮る少し前には私よりもきっと先輩の方々が3人程おられたのですよ。

と、どうでもいい情報。

さて、帰るとするか。



まだそれほど遅い時刻じゃないので、自分用の土産にちょこっと飲むものとツマミを買って帰ろうと、Y'sマートへ寄る。



イカが旨そうだね。
399円の2割引きかあ。

近くだったら買いたいねえ。



更にこれはもっと買いたい。
たらの白子。

うわー、鍋に入れたら絶対に旨いよね。



階段を昇ったところにあるそば屋。
天ぷらせいろが650円かあ。

空腹じゃないのに何故か今日は好奇心が旺盛。

というか、アタマの中ではデキシーランドジャズが流れている。
そうなのだ、間違いなく新宿トラッドジャズの帰り道なのだ。



どうしてぶらぶらとのんびり帰るのかと言えば、「西郷どん」を録画しているので、急いで帰る必要が無いのだ。
あ、しかも明日も会社は休みだしね。

あ、休みと言っても溜まっている仕事を今夜も少し前に進めなくてはならない。



そうそう、木更津の車線区のところにも年輩のガードマンさんを配置したりと、それと同じなのかな。西船の武蔵野線のホームにガードマンさんが立っている。
そう固くなることはないのにと思ってしまう。

年寄りにこういうことさせたくないよね。
どうなの、JRさんは?

でも、こういうのが楽って言う人もいるしね。
私も最近、アレコレ悩んで悩んで仕事しているよりも単純労働のほうが楽しかったりするもんなあ。(笑)

2018.11.11
posted by 幕張のおじちゃん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月16日

新宿通りから靖国通りを横断し歌舞伎町へ

新宿通りから靖国通りを横断し歌舞伎町へ


ヤバい。
桂花ラーメンを食べた後で、この界隈をほっつき歩く理由が無くなってしまった。
何故なら気の利いた居酒屋を発見しても、もうチューハイ一杯だけでも入らないのだ。

困った。
とにかく歩き倒して空腹にしよう。

そんな作戦で伊勢丹のほうへ向かう。
何故そっちに向かうか意味が分からない。

たぶん歌舞伎町を目指しているのだな。
そんな自分を推測してみる。



新宿通りはやはりこの辺(幕張くんだり)とは異なり、ものすごく賑やか。

フェラーリの爆音もするし。(怒)

しかし、金持ちがフェラーリに乗るのはいいとしても、うるさいんだよ。
誰にも迷惑がかからないところでやってくれよ。



伊勢丹、懐かしいねえ。
とは言っても、生れてこの方、中に入ったのは二度くらいかも。(笑)



なんだなんだ、異様に熱量の高い場所。



セミ講座みたいなのをやってた。

俺、まったく蚊帳の外。
わけがわからん。

完全に時代遅れての人だな。(笑)



へえ、こんなのがあるんだね。
まったく知らなかった。



更に新宿駅の方向へ進む。

そしてこの交差点を右折し、歌舞伎町の方向へ。



さすがに新宿。
こんなわけのわからんものが現れる。



ルークス・ロブスターだって。
少し高いけれど、物凄く美味しいとWEBに出ていた。

食べてみたいが、少し高いとはどれくらい高いんだろう。
気になっちゃうね。



ひょっこりと知ってる道に出た。
歌舞伎町と反対方向を眺める。



そして歌舞伎町。

正面は昔のコマ劇場のあったところ。



ゴジラも健在。

まあ、この辺りは私に向いていない。
がしゃがしゃしているので、長く滞在出来ない。

そのくせ、時々行きたくなる。

そうだ、歌舞伎町では少なくとも15年以上は飲食していない。
高くて、混んでいて、それであまり美味しくないというのがこの界隈の店の特徴。
そういうように私は捉えている。

あくまでも個人的主観。

さ、ちょっと歌舞伎町の雰囲気を味わってから、東方向へ針路を変更。



区役所通り。

一本道が異なるだけでだいぶ落ち着く。



そしてゴールデン街。
ここも新宿に来たら寄らずにはいられない。

ただ、最近この手の店で文化を語るなんてとてもじゃないけれど出来なくなっている。
なので、パス。

正直なところ腹もすかないし、酒も飲みたくない。



それでもこの路地は魅力がいっぱい詰まっている。



この煮干しラーメンだけは行ってみたい。

いつもなら大行列。
今日は日曜ということもあって、並んでいるお客さんは4人くらい。

すごい煮干しラーメン 凪 =
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13054766/

ここは既に4〜5回くらい店の前を通過している。
そろそろここのラーメンを食べてみたい。

この店が、凪の本店というのが凄いよね。
しかも、以前テレビで観たら、社長自らがここでラーメンを調理している。

そう記憶しているんだけど、今でもそうなの?




花園神社。
凄い数の提灯。

近く開催の酉の市?の為のもの?

こうなっている風景は初めて観た。



靖国通り側の狛犬。

さて、ここいら(新宿三丁目)から地下鉄に乗って帰るとするか。

地下鉄を降りたらきっと腹も空くだろう。
そうだ、西船の加賀屋にでも久々に行くか!!!

名案!!!
やったね!!!



地下鉄の赤坂見附で銀座線に乗り換える。
すると、レトロっぽい車内。

あれ、このタイプは初めて。



こんな照明もついている。
しかし、すぐ隣に液晶の大きな画面があって、新しいさがバレバレ。

ま、しょうがないか。

2018.11.11
posted by 幕張のおじちゃん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

桂花ラーメン

桂花ラーメン


とにかく腹ペコでこの看板に引き寄せられた。

桂花ラーメンはかつて一世を風靡して、しかし何故か経営不振で倒産の憂き目に遭ってと浮き沈みがあったラーメンチェーン。

私は凄い前に食べたことはもちろんあるが、近い記憶でも10年以上前に食べたのが最後。

旨いけれど、私の中では高いってイメージがある。

案の定、人気の太肉麺(らーろーめん)は1,000円だ。
悔しいけれど、それを注文。
大盛りは100円増し。

ううう、ラーメンで1,100円は痛い。
でも食欲には勝てない。(笑)



そして10年以上ぶりのご対面。

そうそう、このキャベツというのがポイント。
味は濃い目で甘目。
その濃い味をこのキャベツが緩和してくれる。

肉は大振りの筈だったけど、出てきたのはそうでもなかった。
ま、しょうがない。


麺の太さは中くらい。そして結構硬い。
あらら、こんなやつだっけ。

麺に関してはもうちょい柔らかでモチモチでもよかったかも。

2018.11.11
posted by 幕張のおじちゃん at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新宿トラッドジャズ 最高っ!!

新宿トラッドジャズ 最高っ!!


最初に出くわしたのがこのグループ。
いいねえ。

時刻は16時8分前くらい。ラス前なのかな。
すぐお隣のステージ(というよりは路上)ではデキシーランドジャズのグループが演奏している。そちらもいかにもラスト曲という感じ。

そうか、16時半でこのイベントは終了しちゃうんだ。
ということはあと30分。

うわー、色々巡らないとな。



これがお隣のステージ。

前述のようにラスト曲。
慌てて動画も撮る。



ひとつ路地を入ったところ。

この界隈にぎゅっと6つのパブリックステージがある。
そのどれもが入替え時間で、ジャズの音色は聴こえてこない。

さて、ラストステージ、私はどれを聴こうかなあ。



この界隈はその昔、要町と言われていて、キッチュな雰囲気だったんだよね。
絶対に出そうもないパチンコ屋や、ラッキーホールなどの怪しげな店も多かった。
今はだいぶ雰囲気が変わった。

でも歌舞伎町なんぞに比べると同じ新宿とは思えない落ち着いたいい街だ。



ストリートアーティスト。
たいそう立派な絵を描いておられる。

右側の顔の絵が凄いリアル。
欲しい。



そしてこの「お祭りひろば」と言われる場所(路上)でこれから最後のステージが始まる。
登場するのは、池田なみ and 渡辺サバオトリオ。

おお、一瞬耳目を疑った。
渡辺サバオさん、お久しぶり。

もっともアチラは覚えてらっしゃらないと思うのだけど...。

サバオさんと言えば、故ジミー竹内の愛弟子さんっす。
ジミー存命中も何度かイベントなどで私もご一緒させて頂いたり、また追悼のライブでもご一緒したんだけど、それからちょいとご無沙汰。

でもでも、HUB浅草とか、何度かライブには行かせて頂いているのだ。
好きなドラマーの一人。

そして敬愛するジミー先生に一番近いドラマーだと私は思っている。

池田なみさんはお名前だけ存じていた。
若手ではかなりの人気ボーカリストだとお聴きしている。

そして、ギターの原とも也さんは原信夫さんのご子息。
あのシャープス&フラッツのメンバーでもあった。(と、記憶している)

いっぺん、私が企画していたセンテナリアのイベントで幕張に来てくださったことがある。
いやぁ、実にそれ以来だな。



ライブが始まる。
ひょーーっ!!
しょっぱなからかっこいい音が出ている。
ボーカルも凄い。

キーボードは、どなただったかな、西川さん?
あー、後で調べよう。

凄くいい感じのハモンドオルガンだ。
ミニレズリースピーカーがぶんぶんと回っている。

写真は思い切り手を上に延ばして、二重、三重、いや五、六重くらいの人垣の上から望遠で撮るような感じ。だから凄く大変。
後で動画も撮った。
そして後で、背後から撮った絵を観て頂くとお分かりになるが、物凄いオーディエンスの数だよ。




ま、そういうことなので、カメラがピタリと止まらず、ぶれぶれの絵。
すみません。

でも、唄っている時もMCの時もかなりアクティブなのでしょうがない。
いやぁ、なみさん、素晴らしい。
シャウトがまるでジャニスジョップリンみたい。

って、例えが古すぎるか。




原とも也さんのじーんとくるブルージーなギター。
これも最高。

音色もバッチリ。

後で分かったんだけど、元々はロック出身の方なんっすね。
だからここぞというロックっぽいフレーズが出てくるんですな。

ジャズの人だけど、ロックテイストがある人って結構好きっす。



そして、そして、サバオさん。
王道のジャズドラマー。

でもでも、お仕事でポップス歌手のバックなんかも相当こなしているので、テクニックとかがまったく古くないし、ロックやフュージョン系もキレキレ。

加えて、置いておくだけで、ムシコナーズみたいな迫力がある。
いけね、例えが悪すぎるか。
札幌ラーメンの店に置いてある木彫りの熊のような存在かな。
無くてはならないのだ。

と、これも例えが悪かったね。
すみません、サバオさん。

さて、残すところあと二十数分なので、他の会場も様子もみたい。
背中のほうから聴こえてくる管楽器の音色のほうへと向かった。

一旦離席しますが、また戻ります。




次の会場までは50mくらいしか離れていない。
その途中にはたくさんの飲み屋さん。

殆どがこのイベントを楽しめるようにオープンになっている。
いいなあ。
どこかに入ってみたいが、とにかく残った時間で色々な音楽を目いっぱい楽しみたい。



おおおおお。
なんと、ハチャトゥーリアン楽団の皆さんじゃないっすか。

丸山さん、新川さん、お久しぶりです。
と、言いつつごあいさつはしなかったけど。w

トランペットはナホちゃんじゃないんだぁ。
ちょっと残念。

でも、この娘さんもなかなか。




この会場も熱い。
ミューオリンズの風が吹いている。

あ、実際にはまったく無風っすね。

そしてまた会場を変える。
今度は末広通りのほうへ。



懐かしの末広亭。
少なくとも十五年はこのビジュアルに出会っていない。



この左側の店は末広亭を意識したような外観になっている。
いいなあ。
きゅーっとやりたい。



そして次にお邪魔した会場はここ。
わー、いい雰囲気。

これぞストリートジャズという感じっすな。



左端のクラリネットの方は山本太朗さん。
有名なアーティストさんだ。

この演奏風景も動画に収めたので、後でご披露したい。



この方のギターも素晴らしい。
渋さバツグン。

そして再び、お祭り広場のなみさんのステージへと戻る。



どん底のある路地。
確かどん底でもライブがあった筈。

なんせ、この新宿トラッドジャズの会場は、パブリックの6か所と、ピットインをはじめとするライブハウスや居酒屋の会場が21店舗あり、即ちステージ数としたら27か所もあるのだ。

凄い。
で、2日間開催で、一日券は前売りで3千円とお得。
来年は是非行きたいなあ。

ジャック天野さんのピットインのステージは行きたかった。

2日間通し券は前売りで4,500円だって。
わー、いいな。
安い宿取って泊りがけで楽しむのもいいよね。
近くに住んでいる人は尚のこと羨ましい。



というわけで、また池田なみさんのステージへ。
裏から失礼。

おお、こっちのほうがよく観える。
なみさんは時々こちらを観てくれるおで、独占欲が満たされる。



既にラスト曲になっていた。



ギタリストもお客さんと一体化していて、誰が演奏しているのか分からない状態。



ラスト曲は、What A Wonderfl World。
バラードだけど、アップテンポで、しかもシャウトする。

もう会場は興奮のルツボ。
いや、ほんと。



感動的なフィナーレ。

有難うございました!!!



サバオさん、またライブに行きます!!
よろしくです。



とも也さん、お店に行きます。
またよろしくお願いします。



お茶目ななみさん。

かっこよかったです。



なみさんのお友達かな?
また会場でお会い出来ることを楽しみにしてます。



なみさんに頂いたリーフ。



パンフにもあるけれど、ウェブサイトの写真がヤバい。
ドキッとしちゃうよ。



今日のこの新宿トラッドジャズのダイジェスト版をYOUTUBEにアップした。
滞在時間が30分強なので、これをもってしてダイジェストと呼ぶにはおこがましいけれど、「しばざ記」の読者様にこの雰囲気だけでも味わって頂きたいっす。

そして気に入って頂けたら来年はご一緒しましょう。



さて、終わりました。
で、どこかで飲んで帰ろうかなと居酒屋を物色。

ここは御苑大通りに面した店。
その前でやっていたアーティストさんが集まってます。

満席なので、ここは無し。



余韻に浸りながら、夕暮れの街並みを徘徊。



人混みを避けて二丁目へ。

ユニークな店は多いけれど、安価で、メシも食えてぐびぐび飲める店が無い。
じっくり探すとあるのだろうけどね。



どうしてもこういう店の前で足を止めてしまう。(笑)

営業していたら即入っちゃうんだけどな。
日曜だから仕方ないね。



ここはレストラン。

いい感じだけど、高そうなので、パス。



な、なんなんだ、これ。



結局、二丁目から三丁目に戻ってきた。

再び「どん底」の路地。
いかにもジャズメンと思われる人とファンの方々がくつろいでいる。

うーむ、ここ辺りはどこも入るのが難しいな。



再び末広亭の前。



その末広亭の並び。

オモテの席は空いているけれど、立飲みはちょっと辛い。
そう言えば、足に披露があるぞ。



お洒落なレストランも多い。
当然お値段的にはパス。

そして適当に角を曲がったところに「桂花ラーメン」を見つけた。
おっしゃ、そこでまずは空腹にラーメンを流し込もう!!!(笑)

2018.11.11
posted by 幕張のおじちゃん at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新宿トラッドジャズへ

新宿トラッドジャズへ


11月11日 日曜日
物凄くいい天気。

今日の予定はとにかくのんびりと過ごすこと。
のんびりというか、好きな音楽の時間を捻出するのだ。

新宿トラッドジャズに行って、そして時間があれば吉田町のりりーにも行きたい。

まあ予定は予定であって、実はもう何日もバタバタが続いていて、特に昨日終わった「かいまくり」のことで、プライベートの時間をかなり割いていたので、それを取り戻す為の時間が必要。だから予定とは大きく異なるのは必至。「しばざ記」の執筆もそう。そんなのやってるヒマあ無い。お陰でアップも大幅に遅れている。ま、それはどうでもいいか。

とにかくカレーを食って出かけるとする。

時刻は11時58分。
初めての丸大食品のレトルトカレー。

これ、どこで買ったんだっけなあ。
イオンだっけ?



意外に具も多いし、旨いねえ。



シーメ(昼食)を食べ終えてから、気になるWEBの更新などをしていたら、13時40分を過ぎてしまった。
慌てて出かける。

慌ててというか、もう慌ててもどうしようもないので、だらだらと駅に向かう。

今年はナンキンハゼが例の台風で葉っぱが茶色になってしまい紅葉が楽しめなかった。



今日のカメラはWX350のみ。
軽いし、小さいし、バッグもひと回り小さいものを引っ張り出した。

それだけでずいぶんと足取りは軽い。(笑)



13時49分。
11月の中旬に差し掛かるというのに、暖かいねえ。



公園のあちこちで、コスプレの撮影会みたいなものをやってた。



いかにも小春日和っていう感じの写真。

と、本人は思っている。w



うわー。最低。
最悪の20分待ちの京葉線。

仕方なく、停車中の後発の列車でこんな写真を撮っている。



やっと来たー。
もう14時をまわった。

こうなったら京葉線の東京乗り換えが嫌なので、武蔵野線で西船へ行って、そこからメトロの東西線経由で新宿三丁目というルートにする。

残念ながら吉田町は諦めだな。
こもりさんごめんね。



南船橋で武蔵野線待ち。

同駅にはこんな競馬新聞に赤ペンを持ったおっさんがたくさんいる。(笑)



またここでも待つことになったので、出発までこれでも飲んで暇をつぶす。



15時30分。
新宿に到着。

これは新宿通り。
向こう側が新宿駅方面。

実は、新宿三丁目で降りる筈だったのだが、ここは新宿御苑の駅。
直前まで寝ていたので、慌てて降りたのがここ。

ま、隣だからいいか。



新宿御苑駅からちょっと路地を入ったところにこの像の後ろ側が見えたので、ふらふらと太宗寺(と石柱に書いてあった)の境内に立ち入った。

おー、なんか素晴らしい像だ。



Wikiで調べたら、銅造地蔵菩薩坐像だとか。
ちゅうか、これも石柱に名称が記されていた。

座っているお地蔵さんなんだね。
座っているのはお釈迦様しか知らない。w



閻魔堂。
都内最大の閻魔大王像があるらしい。

あー、拝みたかった。



閻魔堂の向かい側にあるこの建物は太宗寺とは別なのかな。
神社っぽい。



猫を可愛がる参拝者。



そうしたら猫は至るところにいた。(笑)

おっと。
こうしている場合じゃない。
現場に早く行かないとイベントが終了しちゃうわ。

焦りつつも、こんなのんびりした景色を見てると、もうこのままこの辺りをぶらぶらして帰るのもオツかなとも考えてしまう。(笑)



花園通り。
四谷方向。

この通りもなかなか情緒があっていいですなあ。



新宿御苑の方向から歩いて来られる人々。
いいなあ、この通りも。



新宿二丁目の辺り。
夜のあの独特の雰囲気とはまた異なる。

この辺りはユニークな飲食店が多い。
おかまバーだけが有名になっているきらいがあるけどね。

さて、もうすぐかな?



おおお。見えてきた、あの突き当りのところが三丁目界隈。

そしてサックスの音がこだましてきた。
胸が高鳴る瞬間。

時刻は15時46分。
ああ、もう16時近いのか。

とにかく間に合ってよかった。



現地で貰ったパンフレット。
WEBに情報が載っているけれど、あまりにも密度が高くて、例えば出演者がエクセルのデータになっていたりと、詳しいのだけど、要点がつかめない。
まずはこの程度の情報が欲しいのだよね。

あ、決して現行のWEBサイトがダメってことじゃないっす。
すみません。

しばざ記 PC版 =
http://www.oretachi.jp/shiba/043/2125.htm

2018.11.11
posted by 幕張のおじちゃん at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

第二回かいまくり 開催!

第二回かいまくり 開催!


11月10日 土曜日
朝方まで降った雨もあがって絶好のイベント日和。
午前8時30分過ぎに既に高澤俊作氏、三線ジロー氏が来てくれた。

実行委員会のスタートよりも早い。
有難うございます。

私は8時前からスタンバっていて、楽器運搬などをやっていた。

マイ介護カーがあってよかった。

今回の音響は三線ジローさんに提供して頂いた。
本当は機材だけをお貸しくださることで、私が音響担当だったのだが、結果、彼が全部面倒を見てくれて助かった。有難うございます。



ジローさんの時計がかっこいい。

私の安物とまったく違うね。

ジローさん達、三線ジローバンドの方々には会場整備などを手伝ってもらっちゃいました。
主にウッドデッキの上の清掃など。
落ち葉や昨夜降った雨の処理など。

この頃、続々と出店者の皆さんさんが到着。
準備を開始です。

私もバタバタと空回り。
あっと言う間に朝礼の予定の9時を回ってしまう。

それよりも、ちょいと心配なのが、ランニングバイクのチームが予定よりも遅れていること。
クルマが渋滞に遭っているそうだ。

その間、会場はどんどん整ってゆく。
皆さんのお陰。

プラレールのほうも、なんとなくいい感じになってきた。



会場のレイアウト図。
かなりラフで申し訳ない。

朝礼は午前9時50分頃。
バタバタしながら10時にスタート出来た。



午前10時少し過ぎのランニングバイクの集合場所。
出場選手は75人。

素晴らしい。
今後も「かいまくり」の定番メニューとしてゆきたい。



そしてランニングバイクのレースは順次スタート。
ちびっこ達がランニングバイクに乗って駆け回るのを見ているのは楽しい。



タルブさん。
かいまくり実行委員長の竹見さんのお店。
竹見さんの奥様が担当。

いつもお世話になっています。



ZUCI。
桑垣真紀さんのお店。

今日の私の昼ごはんはここで。



はじっこブックスの武田さん親子。
もの凄い品ぞろえ。



はじっこブックスには、このようにテーマごとに分類されているコーナーがあって、そしてアカデミックなものが結構あるのです。その辺りがコダワリと思いますね。
これは千葉県に関係する書籍のコーナー。

こういうのに気づくと、次回はあれこれ手に取ってみて買いたくなる本が出てくると思うよ。皆さん、如何ですか?



会場をお貸しくださったイオン幕張店さん、有難うございます。





今回もまた見事な品揃えの豊富さをアピールしたのがサルタ商店。
凄いよ、ほんと。
この「謎の魚」も売れてしまった。
ちょっと寂しい。(笑)



野球カードは野球小僧の憧れ。
ハマるんだよね、こういうの。(笑)



江波戸先生には前回に続いてまたお越しくださった。
マリーンズの大ファンなので、必然的にサルタ商店のファンなのだ。(笑)



これ、誰も買い手がいなかったら欲しかったんだけど、どうなったかなあ。

売れてたらそれはそれで嬉しい。



おお。藤井さんも有難うございます。



イオンのクバリエ(宅配)チームによる「千本釣り」。
この絵だと寂しく見えるけれど、結構盛況だった。

こういうゲームって子どもは好きなんだよね。

私ら子どもの時は、例えば、木更津の八幡様の境内で怪しげなおっちゃんがやってるようなのがあって、子ども心にインチキだと思っても、バックに確実にやーさんがいて、文句を言おうものならば半殺しの目に遭うなんて恐ろしい世界だったのだ。

もちろん、ここでは極めて健全なのでご安心ください。(笑)

まったく話題が逸れる。
急に電話をしなきゃならなくて、名刺を探して、いざダイヤルしようと思ったら、まったく見えない。
ハズキルーペのCMみたいに、「字が小さくて読めない!!!」と叫んでしまいそうだ。

そこで、マジのハズキルーペを取り出して、いや、それを探しているのだけど、見当たららない。ああ、どこだ、どこだ。散々探しまくって、予備にカバンに入れている100円ショップで買った老眼鏡。それをかけて、そして電話。

ああよかった。

ん、待てよ。
100円ショップで買った老眼鏡とハズキループってどごが違うんだ???

デザインはむしろ100円ショップで買ったやつのほうが数段いい。
まさか、お尻で踏んづけても壊れない強度の問題だけ?

だったらハズキルーペを買ったのは間違い。
うーむ。



例のパン屋さん。



おお。なんと、打瀬の方だったのですね。

パン教室などもやっておられるそうで、だったら、今後、例えばベイカルなんぞにもコラボしてほしいですね。

Memo
パン教室にはオーブンが必要だそうです。



昼メシ前のおやつで手づくりアンパンを買いました。
150円。

これは間違いない味っすね。
旨い。

また食べたいっす。





Pandoraさん。
えーと、何屋さんだかわからないのですが、非常に好評だったと思う。



アトリエサロン ハナカオリ
うっかりと写真を撮るのを忘れていたので、事前に頂いていた販促用の写真より。
以下は、自己PR文章。

写真の大きさ(50ml)のハーバリウムが1本 \1,000です。
その他、ハンドメイドで、ドライフラワーのスワッグやアロマワックスサシェ等の花雑貨を予定しております。
どうぞよろしくお願い致します。

ハナカオリさん、またのご出店をお願い致しますね。



今回の「第2回かいまくり」の情報がてんこ盛りのベイタウンぱれっとです。

今回は折込として12月1日のベイタウン・jコアで開催のイベントの情報があります。
皆さんのご存知のあの方のご両親が企画されたイベントなのです。
皆々様是非是非ご来場くださいませ!!



かいまくり音楽ひろば。
最初の出演者は、高澤俊作氏。

前回もそうなんですが、朝一でやってくれるというのは非常に嬉しいこと。
盛上げ役ですよね。

有難いです。

それにしても、朝っぱら暗い曲のオンパレード。
いい曲なんっすがねえ。

今度サポートで入らしてください。



続いて登場の幕張ケリー。
公の場で、幕張ケリー名義でソロは二回目かな。

弾き語りとピアノのインストナンバー。
このスタイル、なかなかいいね。

本人もお客さんも喜んでくれたと思う。
常連さんに加えて、足を停めて聴いてくれた方々もいて、徐々にこのシリーズが定着しつつあることを主催者側として実感した次第。



工藤 妃呂那 (くどう ひろな)さん。
プロフィールは、以下。
アコースティックギター弾き語り。東京を中心に活動中。洋楽に影響を受けた楽曲と、柔らかく芯のある歌声が特徴。
青森県タッコニンニクマヨネーズのCM『TAPUKO The GAMA』楽曲提供。
まあプロフィールは置いておいて、とにかく可愛いお嬢さん。そして歌、いいですなあ。
素直でルックス通り可憐な歌声。自作曲もなかなか。
頑張っているみたい。

皆さんも応援よろしくです。
そしてまたこの「かいまくり音楽ひろば」にご出演ください。



そしてゲストの一木ひろしさんが登場。

五木じゃなくて、一木ですから!!!

要するに五木ひろしさんのモノマネの方です。
しかし、登場して、みんなびっくり。
ほんとそっくりなのです。

しかもトークがまた面白い。
素晴らしいタレントさんです。

それもその筈、結構有名なんです。
最近はコロッケさんを介して、ご本人の五木ひろし公認モノマネ歌手とさせて頂いたそうです。よかったですねえ。

またこのステージに出てくださることを希望します。
すみません、ギャラはまた別途ご相談させてください。
原資が無いもんで。(恥)



ステージ終了後の工藤 妃呂那さん。

有難う!!!



そして一木さんとの2ショット。

あ、どうしてこの二人がこうしているかっちゅうと、実は親子なんですよ。(笑)
びっくり!!

実は事前に知ってたのですが、それにしても。(笑)



さて、かいまくり音楽ひろばのトリを務めてくれるのは三線ジローバンド。
いやぁ、いつも楽しいステージ、有難うございました。

上手くまとまったサウンドは心地いいです。
ジロー節に加えて、キヨミさんの歌声も心地よいっすね。

今後もよろしくお願い致します。



私の昼ごはんは、ZUCIのスペシャルな弁当。
ガパオとパッタイの組み合わせ。
つまり両方を楽しめるわけだ。

これは絶対にお得。

また食べたい。



美人コンビ。
これはケリーちゃんのスマホからかな?

以下、テキスト入力が追いつかない。
すみません。
また時間のある時ということでご勘弁なすって。(笑)


















18時半から幕張ケリーの打ち上げ。
私の業務が終わった後に合せてもらった。
皆さん、すみませんねえ。

まあとにかくお疲れ様でした。



いつものようにW餃子でスタート。



私の写真の登場頻度があまりにも少ないので、ここで、ちょこっとだけ。(笑)
お疲れでした。(自分に)

そうそう、このシャツ、イオンで買ったんだけど、私の買った翌週に3割引きだったかな。すげえ悔しい思いをした。

ただ、イオンに私のサイズのものが売っているということが分かって嬉しい。



これはケリーちゃんのリクエスト。
とにかく腹減っているので、バンバン注文。



料理は全部網羅しているわけじゃないけれど、WX350は気軽に写真が撮れるので、キモチに余裕が出来る。WBも概ね良好。特に嬉しいのはピントで失敗することが少ない。

但し、自動で開閉するレンズカバーが完全に開かなくなって、指でずらさないといけなくなった。

実は「かいまくり」の開催中に急になった。
なんじゃこれ。

WEBで調べてみると、WX350には多い故障のひとつみたい。
ああ、せっかく安く買ったのになあ。
届いた時にはそういう現象は無かったからクレームを入れられるものではないし。

うーむ。



まあそんなこんなあるが、まあとにかく飲んで食ったのでR!



ビールは何杯飲んでも旨い!!

今回は食うのが激しかったせいか、割り勘にした金額が結構お高め。
まあ楽しかったから別にいいや。(笑)

このページ、写真が多かったので、ここで括って、改ページする。

おお!!!!
しばざ記(PC版)のカウンターがまもなく30万になる。
従来版の55万と合せてトップページ85万ビューということになる。
実際の訪問者はその3割と見繕って、25万人の方々が「しばざ記」に来てくださっていることになる。

こんなしょーもないページによくぞ来てくださいました。
心から御礼を申し上げます。

2018.11.10
posted by 幕張のおじちゃん at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月14日

楽しかったけれどツケがまわる(笑)

楽しかったけれどツケがまわる(笑)


15時15分。
帰着。

のんびりしながら帰ってきたものの、結構疲れた。
タウンウォッチングは楽しいけれど疲れる。

明日の「第2回 かいまくり」の件、大丈夫だろうか。

まずは暫し、休憩。
昨日母の為に買ったリンゴを結局私が食べる。
でかいぞ、これ。



半月前くらいに収穫したキウイの追熟完了。
完熟するのに、リンゴが発生するエチレンガスが必要。
キウイが甘くなるのには、そういう手間(手間ってほどじゃないかな)がかかるという体験が出来た。

このキウイだけはK-50+50mmで撮影。



17時。
あっと言う間に一日が終わる。

まだちょいと早いけれど、ちょいと一杯。

ああ、しまった。
グラスに注いでから飲もうと思って手元が狂い、グラスを倒してしまった。
うむむむ。4分の3を流出。(泣)

凄く悔しい。
これって発泡酒じゃなくてビールなんだよね。
だから余計に。(泣)

仕方ない、おかわり...。
うわー。おかわりが無いわ。
むむむ。
我慢。

18時ちょい過ぎ、竹見さんのところへちょこっとお邪魔。
いつの間にか雨が降ったんだな。
道路が濡れていた。

この写真から下はRX100で撮影。



19時過ぎ、昼間主婦の店で買った焼き鳥をツマミにちょこっと焼酎。



そうだ。長浦の「主婦の店」でさんまも買ったんだ。
やばいやばい、忘れてた。



レンジでチンしようと思ったら、胴体が長すぎてレンジのターンテーブルからはみ出してしまう。
仕方ないので、半分に切った。

わー。見栄えが悪くなっちゃうねえ。

でも、旨いから許す!!

19時30分。
ちょこっと打ち合せでご近所へ出かける。



雨上がり。
この季節にしては暖かい。
いや、ちょうどよい。



おお、この質感。
さすがRX100。

なんでWX350を使わないかと言えば、あちらは只今充電中。



某所できゅいーっと。
相方さんはまったく飲めない方なので、私だけ失礼して。m(__)m

さてと、明日のかいまくりの為に今夜は早めに寝るとするか。
ちょっとタモリ倶楽部と、朝ナマが心配だけどね。

実は、自宅に戻ってからバタンキュー。
タモリ倶楽部の途中から起きた。

あー、ソラミミアワーのグランプリ(?)やってるわ。
ゲストが宮沢りえ。(笑)



これ忘れてたので、今頃アップロード。
10月25日の阿佐ヶ谷ジャズストリートの時のYOUTUBEダイジェスト。
かなり適当。
とてもじゃないけれど、ダイジェストと呼べるようなつくりになっていない。

でもここに登場してくるアーティストさんはどの方も素晴らしいので、お時間があればご視聴ください

2018.11.9
posted by 幕張のおじちゃん at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

八幡宿 赤い橋の界隈

八幡宿 赤い橋の界隈


もういっちょついでに八幡宿界隈。
買い物ついでにトライアルの駐車場にクルマを駐める。

思えば2ヶ月くらい前だったか、ベイタウンから袖ヶ浦に向かう時にMPVが異常事態。慌ててトライアルの駐車場に駆け込んだ。その折はトライアルのトイレでラジエターの水を頂戴した。お世話になりました。

トライアルからまずは白金通りに出る。
おお、いい感じの料理屋さんがあるな。

うなぎの幟。

うーむ、お高そう。

割烹 寿々木 =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120601/12020130/



渋い外観の桜保育園。
建物はでかいし、駐車場も広い。

渋すぎて、葬儀場かと思った。
すみません、失礼しました。



国道297号。つまり大多喜街道の交差点のところにあるラーメン店「きゆう」。最近やってないと思ったら...。



わあ、閉店しちゃったんだね。
以前イタリアンレストランで、その後に入ったんだよね。

確か、オープンしてから1年ちょっとくらいじゃなかったかなあ。
評判も良かったようだけど、残念だ。

らぁ麺 きゆう =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120601/12042255/



「きゆう」と大多喜街道を挟んだ反対側の料理屋さん。
ここはノーチェックだったな。

「ふぐ料理」と書いた幟が立っている。
ここも高級そう。

いい歳こいて、高そうなんて言ってる自分が情けない。
貧乏老人だとしっかり自覚。(泣)

一の膳 =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120601/12002388/



そしていよいよ赤い橋に迫る。

いよいよって程じゃないけれど、私にとってはこの辺りのランドマーク。
この界隈を走っていると必ず視界に飛び込んでくる。



名称は「しあわせはし」っていうんだね。
初めて知った。



渡った向こうはヤマダデンキの倉庫。
ただ、今はがらーんとしている。

かつては天神家具センターだったかな。
それで、その天神からこの橋があったように記憶している。

この橋は昭和43年に出来たというので、かなり古いよね。



ひとつ南東のほうの橋から眺めたところ。
ちゃんと塗装されている。

誰がメンテしているのだろう。

市がやってるのかな。

13時52分。
さて、帰るのだ。

巌根、長浦、そして八幡宿とたっぷりタウンウォッチングを楽しませて頂いた。
やはり自分にとってタウンウォッチングってリフレッシュするのに最高のサプリメントだな。
ほんと、そう思うわ。

その前にちょこっとトライアルでお買いモノ。
どこで買っても品質は変わらないものはここで最安値で買う。

2018.11.9
posted by 幕張のおじちゃん at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月13日

よろずやのかつ丼

よろずやのかつ丼
やっと念願叶って食べることが出来た



やった。
暖簾が掛かってるよ。



早速中に入る。
先客は二名様。

ご近所の仲良しお婆ちゃんお二人。
すぐに仲良くなれる。

そして女将にお久しぶりと言ったけれど、まったく覚えてないみたい。

でも、気さくな人なんですぐく打ち解ける。
かつ丼を注文。
750円。

お婆ちゃんたちが食べていた焼きそばも魅力的だったけれど、あのつげ義春先生が食べたかつ丼をなんとしてでも食べないことには...。

ああ、この日をどんなに待ちわびただろうか。

前回ここで食べたの10年以上も前。
その時は、「茂野麺紀行」のリポーターとして、かつ丼ではなく、麺を食べた。
確かタンメンだったな。

その時も、かつ丼が食べたかったのだ。実は。

しかし、また行けばいいことだと思いつつ、あっと言う間に10年が経ってしまったいうわけだ。

あ、でも今年の7月、つまり4ヶ月前にも来て女将と話をしてるんだよね。

あの時は、ごはんものが終わっていたんだよね。
15時頃に店に着いたのだ。

ほんと、同店はタイミングが悪い。

だいたい私がこの店の前を通る時は暖簾が出ていない。

後で聴いたら、今日も暖簾を出すことは考えてなかったという。
たまたま先客のお婆ちゃんたちが来られたので、「しょうがないな。」と暖簾を出したそうだ。(笑)

お婆ちゃんたちは暖簾が出ていようがいまいが、平気で店に入ってくるそうだ。(笑)



この神棚も10年前のまんま。

この下のほうに置いてある岡持ちもまんまだ。



メニューは少し上がったかな。

肉丼の600円、焼きそばの500円辺りを次に食べてみたい。

かつ丼が出来るまではお婆ちゃんたちとこの辺りの昔のこととか、この店についてのアレコレなどたくさn話してもらった。

時折女将も調理場から出てきて話に加わる。
至極賑やか。

因みにお婆ちゃんたちは、77歳と八十幾つ。
女将さんは75歳だって。

へえ。
もっと若く見える。



おそらく30分くらいかかって、かつ丼がテーブルに置かれた。

おお旨そう。
いい匂い。

お吸い物もついている。
実は永谷園のマツタケのお吸い物。(笑)



かつ丼はアツアツ。
味付けはちょっと濃い目。

でも美味しい。
ご飯はふっくらとしている。

いいねえ。
チェーン店とは全然違うね。
愛情がこもっている。

この店の雰囲気と女将さんの人柄も味に反映しているな。



かつはご覧のように厚い。

味は濃い目と前述したものの、この厚さだったらちょうどよいかも。



とても75歳に見えないっすね。

店なんかやらなくてもいいんじゃないと私が言ったら、娘さんが「ボケ防止にもなるから店はやって!」と言われているらしい。

なるほど。

あ、しかし、娘さんがいらっしゃったんですね。
しかも、息子さんも。

息子さんには二人のお子さん、つまりお孫さんもいらっしゃるということで、賑やかでいいですねえ。
女将の旦那は若くして亡くなってというお話しだけを以前してくれたので、おさびしいのかなあと思っていた。よかった、よかった。

ところで、女将さんのお母さんは5、6年前に亡くなってしまったそうだ。
そうなんだ。
寂しい。

前回はお婆ちゃんのほうとたくさんお話ししたのにな。



よろずやを出てから長浦駅前の通りを上る。
緩やかな坂。

振り返ると長浦駅。
その向こうに工場地帯が見える。



交番の横に長浦駅の開設に尽力された人物の名前が刻まれている碑が立っている。



先ほどの谷合の集落の方向に道がある。



交番の駐車場からその旧市街を眺める。



見たことのないラーメン屋さんがある。

竹岡式と横浜家系が食べられる。
おまけに博多ラーメンもあるそうだ。

なんと欲張り。

岩地家 =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12043774/



不動産屋さん。

この辺りの相場は...。



最近、このクルマと、この色使いが流行っている。
私も欲しいと思った。

まあ用途を満たしていないので断念したが、余裕が出てきたら(たぶん出てこないだろうけども)、セカンドカーに欲しいな。



この店もいずれ訪れてみたい。

鬼そば =
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12010451/



ここは数年前に来た店。
食べロガー仲間から教えて頂いた。

今日は「主婦の店」で買った焼き鳥があるからまた今度ね。

2018.11.9
posted by 幕張のおじちゃん at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記